profile image

埋田朗

GCAサヴィアン株式会社 エグゼクティブ ディレクター

GCA Savvian India Investment Advisers Private Limited 取締役兼務(インド駐在中)。 ブラジルサンパウロ生まれ。ブラジル11年、タイ8年、インド1.5年と計20年に及ぶ途上国での居住経験を有し、現在はGCAサヴィアンで主にアジア案件のスペシャリストとしてインドに駐在中。アジア関連セミナー等での講演経験多数。 1991年慶應義塾大学商学部卒後、太陽神戸三井銀行(現、三井住友銀行)入行、2005年より大和証券SMBC勤務を経て、2008年4月GCAサヴィアン入社。
Rou Umeda

製造業の誘致で30年遅れるインド、日本にとって魅力的な投資先になりうるか

モディ首相が訪日し、連日日本のメディアで大きく取り上げられたことは、インドビジネスに関わる者としてとても喜ばしく思っている。多くの日本企業で、インドでのビジネス拡大の可能性を再検討する機運が高まるのではないかと期待している。一方で、当地インドの反応はどうだろうか?
2014年09月18日 23時17分 JST
Porterfield/Chickering - via Getty Images

12億の民を擁する世界最大の民主主義国家・インドの「リアルなビジネス事情」

モディ新政権が、大きな期待と共にこの大国のかじ取りを行うタイミングで、インドに関する執筆機会に恵まれたのは望外の幸せだ。日頃から疑問に思うことを挙げつつ、それらを付き合いのあるインドの有識者に率直に尋ねてみることで、この大国や新政権の行く末を少しでも占えればと思う。
2014年08月19日 00時58分 JST