Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Engadget 日本版 Headshot

「メディカルID」とは...iPhoneにしておきたい緊急情報 設定方法は?

投稿日: 更新:
印刷

2016-05-04-1462337218-5602330-005.jpg

iOS 8から標準搭載されるようになった「ヘルスケア」アプリには、「メディカルID」を登録する機能があります。これを登録していた場合、万が一倒れて救急車で搬送されるような事態に陥った場合に、身体情報や、緊急連絡先を表示させることが可能です。有事の際に医療関係者に伝えたい情報を、あらかじめ登録しておきましょう。

また、倒れている人を見かけたときに、その人がiPhoneを持っていたら、持病や使用している薬、緊急連絡先がわかるかもしれないということを覚えておきましょう。

メディカルIDを登録する手順


「メディカルID」は、「ヘルスケア」アプリの機能の一つとして用意されています。登録方法は手動での入力のみ。「ヘルスケア」アプリを起動し、「メディカルID」のタブを選択して、登録を行いましょう。メディカルIDを登録する意義は、"自分が倒れたときに、自分の健康状態を把握している人がそばにいるとは限らない"という点に集約されます。医療関係者や、有事の際に居合わせた人に対し、血液型や使用している薬、緊急連絡先、持病、アレルギーなど、必要な情報を提供できるのです。「自分は大丈夫」と感じるかもしれませんが、人生何が起こるかは分からないもの。登録を面倒だと思わず、何よりも自分に対する処置・治療をスムーズに行うために必ず登録しておきましょう。

2016-05-04-1462337289-4197238-001.jpg

iOS 8以上のiPhoneで「ヘルスケア」アプリを起動。「メディカルID」のタブを選択すると、右のような画面が起動するので、「メディカルIDを作成」をタップします。

2016-05-04-1462337547-3259840-002.jpg

「メディカルID」の画面が表示されます。左が画面上部、右が画面下部に相当します。上部の「緊急時のアクセス」で「ロック中に表示」がオンになっていることを確認しておきましょう。iPhoneにパスコードやTouch IDを設定し、ロックをかけている場合でも、これをオンにしておけば情報が確認できます。

2016-05-04-1462338009-2755370-003.jpg

「生年月日」や「病気/けがについて」など、表示させたい情報を入力しましょう。入力が終わったら内容を確認して、画面右上の「完了」をタップ。これでメディカルIDの登録は完了です。

メディカルIDを登録するにあたり、なるべくすべての項目を入力することをおすすめします。ただし、iPhoneを紛失した場合にも、他人に見られてしまう可能性があるので、その点については留意しておきましょう。

ロック画面からメディカルIDを表示する


登録したメディカルIDの情報は、iPhoneのロック画面から確認できます。有事の際に、倒れている人のiPhoneから、緊急連絡先など必要な情報をチェックできるように、確認方法をチェックしておきましょう。具体的には、パスロックを入力する画面で、「緊急」を選択します。ちなみに、この画面を使えば、ロックが掛かったままの状態で、通話機能を利用することができます。併せて覚えておきましょう。

2016-05-04-1462337646-3294684-004.jpg

iOS 8以上を搭載するiPhoneを起動し、ロック画面を右方向へスワイプ。パスコードを入力する画面で、左下の「緊急」をタップします。

2016-05-04-1462337735-3993163-0051.jpg

左のように、「Emargency call」の画面が表示されます。下部の「*メディカルID」をタップしましょう。すると、右のような画面でメディカルIDの情報が表示されます。緊急連絡先を登録している場合には、電話アイコンをタップするだけで、登録先に電話を掛けられます。

(2016年5月3日 engadget日本版「緊急時に身体情報や連絡先を表示できる「メディカルID」のこと、ご存じでした?:iPhone Tips」より転載)

【関連記事】