iryo

コロナ禍以降、初診でのオンライン診療にも対応したAGA治療を専門とする銀座総合美容クリニック(銀クリ)。コロナがある程度落ち着いた世の中においては、「オンライン診療と対面診療を使い分ける」ことが重要だと話す。
PRESENTED BY 銀座総合美容クリニック
漫画家、医師、編集者が「伝えること」について語らった60分。他者との対話における手助けとなりそうなポイントが浮かび上がってきました。
コロナ禍が始まって一年半。この間、「路上やネットカフェにいる人が感染した場合」なんて、いくらだって想定できたし、その準備は当然なされるべきだった。しかし、国は本気で本当に、何も準備していないようなのだ。
「災害レベルに達しています」。新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大で、京都大学付属病院が医療の危機について強いメッセージを出しています。
医療コミュニケーションについて語りあう「SNS医療話」。病理医ヤンデル先生こと医師の市原真さん、医師で現在は米国でがん研究をする大須賀覚さん、編集者のたらればさんと話し合った。
デルタ変異ウイルスのまん延により「第5波」が引き起こされています。その最大の課題の一つとされる「中等症患者の受け入れ困難」は、どのように起きているのか。現場のリアルを聞きました。
軍事クーデターの発生から約3か月、ミャンマーでは、国公立病院の閉鎖などに伴う「医療崩壊」が起きています。その実態や背景について、現地在住の日本人医師に聞きました。
ストリート・メディカルとはどのような概念なのか? 世界が新型コロナの感染拡大に翻弄されるなか、私たちはどのような社会や街づくりを構想するべきなのか?医師の武部貴則さんにお話を聞いた。
「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」 アフラックは、保険会社の役割を超え、多様な領域の人々と協働して解決していく「キャンサーエコシステム」の構築を進めている。
PRESENTED BY アフラック生命保険