年収、仕事内容......転職結果にどれだけ納得している? 転職者の本音から見えた「期待と満足度」(調査結果)

2014年12月26日 02時08分 JST | 更新 2015年09月04日 18時43分 JST
Yagi Studio via Getty Images

人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』( http://consultant.en-japan.com/ )上で、30歳以上のユーザー1,677名を対象に「転職理由・転職への期待」についてアンケート調査を行いました。

■アンケート調査からわかったことは?


厚生労働省が11月に発表した2014年10月度の有効求人倍率は1.1倍と高値を更新。企業の求人数が増加したことで、求職者にとっては自身の可能性を広げる職探しの選択肢が増えたとも言えそうです。今回30歳以上の転職を考えている方に行った「転職理由・転職への期待」の調査では、年収ごとに転職で実現したいことや満足度が異なることが分かりました。今後、より良いキャリアを築いていく上で、どのような軸で仕事選びをしていくと満足度が上がっていくのでしょうか。

転職をしたことがある方に、転職で期待していたことの達成度を伺うと、全体では6割の方が「満たされていない」と回答。一方、年収別では年収800万円以上の方は7割が「満たされた」と回答しています。この違いは、なぜ生まれたのでしょうか。そもそも転職理由のベスト3は「キャリアアップ」「自身の能力を試したい」「仕事内容への不満」という結果に。年収別で見ると、年収800万円以上の方は「キャリアアップ」「自身の能力を試したい」などの積極的な理由がより多く、年収500万円未満の方は挑戦以外にも「収入」「労働条件」への不満などネガティブな理由も多いことが分かりました。そのため、転職で期待していることにも差が生じています。年収800万円以上の方が期待しているのは、自己成長が実現できる「仕事内容」「裁量の幅」、年収500万円未満の方は「給与アップ」や「労働環境の改善」などが顕著でした。

■調査結果をもっとくわしく...


1:年収別の転職理由。年収800万円以上の方は攻めのキャリア設計。年収500万円未満の方は攻めと現状への不満が拮抗。(図1・図2)

『エン転職コンサルタント』の30歳以上のユーザーに「これまでに転職経験はありますか?」と伺ったところ、85%の方が「ある」と回答しました。そこで、その方々に「転職活動をし始めた理由はなんですか?」と伺いました。第1位は「キャリアアップのため」(42%)、第2位は「自身の能力を試したかったから」(33%)、第3位は「仕事内容への不満があったから」(32%)という結果になりました。現在の年収別で理由を比較すると、比較的高収入といわれる年収800万円以上の方は将来への投資・挑戦として転職を考えている傾向が強いようです。反対に男性の平均である年収500万円未満の方は、攻めの理由もある一方で、現在の職場への不満も転職へと結びついていることが分かります。具体的な項目をご紹介します。

  年収800万円以上の方が10ポイント以上高い項目

  ・「キャリアアップのため」(53%、年収500万円未満:35%)

  ・「自身の能力を試したかったから」(42%、同28%)

  年収500万円未満の方が10ポイント以上高い項目

  ・「収入が少なかったから」(35%、年収800万円以上:23%)

  ・「労働条件が悪かったから」(27%、同13%)

  ※その他、「上司への不満」「人間関係」という理由も、比較的多く挙がっています。

【図1】これまでに転職経験はありますか?

2014-12-22-20150108enjapan_1.png

【図2】転職経験のある方に質問です。転職活動を始めた理由はなんですか?(複数回答可)

2014-12-22-20150108enjapan_2.png

2:転職に期待していること、年収800万円以上の方は自己成長。年収500万円未満の方は環境改善。(図3・図4)

「転職に期待していることはありますか?」と伺うと、97%の方が「ある」と回答しました。その方々に「具体的に、どのようなことを期待していますか?」と伺いました。第1位は「給与のアップ」(69%)、第2位は「希望する仕事に就く」(58%)、第3位は「経験・能力が活かせるポジションへの転職」(52%)という回答でした。転職理由と同様に、現在の年収別で転職に期待している内容を比較しました。年収800万円以上の方は仕事内容や任される責任範囲という回答が多く、自身の強みや専門性を理解して伸ばせる環境ややりがいを追いかけているようです。一方、年収500万円未満の方は給与アップや安定などの項目を多く選択しており、まずは環境面の改善を目指しているようです。具体的な項目をご紹介します。

  年収800万円以上の方が10ポイント以上高い項目

  ・「経験・能力が活かせるポジションへの転職」(61%、年収500万円未満:44%)

  ・「裁量の幅が広がる」(34%、同21%)

  年収500万円未満の方が10ポイント以上高い項目

  ・「給与のアップ」(69%、年収800万円以上:58%)

  ・「安定・長期的な就業の確保」(50%、同28%)

  ・「良い上司・同僚・部下に巡りあう」(38%、同20%)

  ※その他、「残業時間の短縮」「休日の増加」「通勤時間の短縮」という待遇面への期待も比較的多く挙がっています。

【図3】転職に期待していることはありますか?

2014-12-22-20150108enjapan_3.png

【図4】転職に期待していることがある方に質問です。具体的に、どのようなことを期待していますか?(複数回答可)

2014-12-22-20150108enjapan_4.png

3:転職者の6割は、転職で期待していたことを実現できず。年収800万円以上では、7割の方が期待を実現。(図5)

転職経験がある方に「転職後、期待していたことは満たされましたか?」と伺いました。全体の58%が「いいえ」と回答し、半分以上の方が転職時に期待していたことを実現できなかったことが分かります。「いいえ」と回答した方の割合を年収別で見ると、年収800万円以上の方は34%、500万円未満の方は72%となりました。期待の達成度合いは、年収別でそもそも期待していた内容が異なることもあり、差が生じているようです。具体的な成功エピソードを伺うと、年収800万円以上の方は給与の大幅なアップがなくても『大きな仕事を任され』『業務の幅が広がった』ため、自身のスキルアップにつながった、年収500万円未満の方は『給与が増えた』『業務時間が短くなった』という趣旨のものが多く寄せられました。

【図5】転職経験がある方に伺います。転職後、期待していたことは満たされましたか?

2014-12-22-20150108enjapan_5.png

【年収800万円以上の方の転職成功エピソード】

◎全社に影響力のあるプランニング系のポジションにキャリアアップしたく、外資系の営業職へ転職。

 市場の状況などを身につけた後、結果とスキルを認められ、数年後にトレードマーケティングに異動出来た。(37歳、男性)

◎部門立ち上げの経験を積むことが出来たこと。

 また営業企画~製品企画マーケティングなど自分の能力の幅を広げることが出来た。(39歳、男性)

◎会社の規模は小さくなりましたが、その分権限や責任が増え、

 マネジメントチームの一員としての仕事にやりがいがでました。(40歳、男性)

◎海外赴任で、人生観も大きく広がった。トップレベルとの会談や大型プロジェクトの核心の交渉支援で、プレッシャーが

 内外ありつつ達成して、大きな成果が出たこと。女性とか瑣末なことでなく、その場の能力で評価された。(42歳、女性)

◎金融から事業会社に転職し、金融時代に培ったM&Aの知識を最大限活用でき、裁量が広がった。(50歳、男性)

◎どんなに専門的な知識やスキルを身に着けても、日本企業は異動で全てがゼロになってしまうリスクがあり、

 外資系の企業に転職した。その分野のプロフェッショナルとして転職したので、自分の選択したエリアの専門性を磨き

 スキルアップすることを会社が是としてくれている。(50歳、男性)

◎既存不振事業の立て直し、新規事業の立ち上げから軌道に乗せるまで、一貫して主導的な立場で成し遂げることができた。

 大企業ではできない体験だった。また、外資では、異文化ビジネスに触れることによって、新たにグローバルな事業に

 興味を持つ刺激を受けることができた。(52歳、男性)

◎入社後3年で、支店立ち上げの重責を任されました。とてもやりがいを感じ、売上にも貢献できました。(54歳、男性)

◎規模は小さい会社となったが、職務分掌範囲が大きく広がり、合わせて経営マネジメントという面での発言ができるようになり、

 自身の隠れていた能力を発見できた。(59歳、男性)

◎中小企業ではあるが役員として経営全般に関与する仕事に就けた。(61歳、男性)

【年収500万円未満の方の転職成功エピソード】

◎休日数が108日から126日に増え、残業時間も1日2時間ぐらい減りました。(31歳、男性)

◎3次請けの会社から2次請け、グループ会社まで近づけた。(35歳、男性)

◎不定休の会社からカレンダー通りの休みの会社に転職ができ、

 自宅からもだいぶ近い場所になり、子供と一緒に過ごす時間が増えました。(37歳、女性)

◎給与が大幅アップのおかげで生活に余裕がでた。(38歳、男性)

◎それまでは小さい職場の事務だったので、給与は低く、今後の給与アップも望めなかった。

 転職により、大手企業に入社でき、年収が増加した。(38歳、女性)

◎給与アップにはつながらなかったが、定時退社、いい人間関係など

 ある意味人間的な生活が送れています。(39歳、男性)

◎己の利益や立場しか守らない人々がいない。

 お客様の望むものを提供したいという社風がとても良い。(40歳、女性)

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:「エン転職コンサルタント」利用者 1,677名

■調査期間:2014年9月1日~2014年9月30日

▼プレスリリース ダウンロード 20141215 転コン調査(転職への期待).pdf

【関連記事】