BLOG

都議選挙での都民ファースト躍進は「安倍・森」首相への嫌気です

2017年07月04日 17時42分 JST

小池知事が率いる都民ファーストが都議選を制しました。どの選挙区を見ても、都民ファーストの候補者が圧倒。北区では私も心の中で応援していた「おときた駿」さんが圧倒的勝利を納めました。

おときたさんは、東京都と関係ない私の選挙区でも人気で、電話でとあるお爺さんから「君も、おときたみたいに頑張れ」と激励の電話も頂いたほどです。そのお爺さんは基本的に政治や行政に批判的なのですが、おときたさんは大好きみたいです。

さて、自民党や民進党の大敗の原因ははっきりしているように思えます。

ひとつは、安倍首相が原因です。森友学園や稲田大臣などの側近の不祥事、とどめは「共謀罪」を成立させたことです。これは自民党内の地方議員の間でも不人気で、選挙区の主婦受けもとんでもなく悪い法案でした。

つぎは、ひたすら小池知事を邪魔しているとしか思えない森・元首相と丸川珠代五輪大臣です。都議選挙を控えて、小池知事が挑戦しようとしていることをひたすら邪魔する様子は都民あらず国民をもしらけさせてしまいました。

逆に小池知事を応援して、「自民VS都民ファースト」という対決構図を作らせないようにひたすら自民党が小池知事を応援する側に回っていればこんなに大勝にはならなかったかもしれません。

次は衆議院選挙が控えていますが、大勝した小池知事の邪魔をこれ以上していると自民党は大敗するでしょう。

もはや、いち早く都民ファーストへの支援に回った公明党みたく、自民党も都政で都民ファーストの支援に回り素晴らしい五輪の実現にまい進する姿を見せ、かつ国政でも小池知事前面支援の対応を見せないと、間違いなく自民党は次の衆院選では大敗が待っているでしょう。

小池知事の政策未実現は安倍・森首相をはじめとする「自民党の責任」というイメージを都民も国民も抱いていることが今回の都議選大敗の原因です。

東猴史紘