BLOG

ただの「おっさん、おばはん」に告ぐ! 本当の自分になる前に、くたばるな!

2014年05月06日 18時51分 JST | 更新 2014年05月06日 18時55分 JST

default

 このおっさん、ブライアンさんは、現在40才。

 20年間、IT企業で働いていた。

 2011年、Twitterを始めて、日々のうっぷんをジョークにして、呟き始めた。(Twitter アカウントはこちら@TheNardvark

 彼の呟きは瞬く間に人気を博し、現在のフォロアーは4万人を超えている。

 かなり早い段階から、そのブライアンさんをフォローしていた人物のひとりに、「Late Night With Seth Meyers」という人気番組のヘッドライターがいた。

 彼は常に才能を求めており、各所から推薦のレジメなども多数寄せられていたが、彼の好みはTwitterで才能を見つけることだった。

 常に面白い呟きをする人物のベスト20をつくっており、ブライアンさんもその中に入っていたが、去年の秋からはベスト3に入っていた。

 で、彼はブライアンさんのことを番組のホストのSeth Meyersさんとプロデューサーに告げ、ふたりもフォローするようになり、彼らもブライアンさんのことを気に入った。

 ブライアンさんは面接に呼ばれ、採用が決まり、2,3か月前から、その人気番組の専業ライターになったのである。

 

 40歳のおっさんが、である。

 普通の会社員のおっさんが、である。

 それまで、自分にそんな一級の才能があるなどと思っていなかった、ただのおっさんが、である。

 

 ところで、はてなブログと2年の付き合いだけど、面白いことを書くな~と思ったひとたちが、他メディアに寄稿するようになったり、本を出版されたりしていくのを、頻繁に目の当たりしている。

 もちろん、若いひとが多いが、ただの「おっさん」「おばはん」にも、大いにチャンスがある。

 大阪の「おばはん」の悶絶ブログなら、誰だって読みたいはずだ。

 リストラされた「おっさん」の、「涙と夢のリストラ川柳ブログ」なら、僕だって読みたい。

 

 あなたが、おもろい「おっさん」なら、恥ずかしがらずに、「おもろいこと」をネットで公開しよう。

 あなたが、とにかく絵を書くのが好きなら、絵や漫画をネットで公開しよう。

 政治についてモノ申したくてしかたがないなら、バカ殿の格好で政治放談をやって、動画で公開しよう。

 ヒョウ柄がそんなに好きなら、「大阪ファッション通信~毎日がヒョウ柄!」っていうウェッブメディアをつくろう。

 ブライアンさんみたいに、それが職業になれば、サイコーだ。

 だけど、そうならなくても、いいじゃないか!

 どっちにしたって、僕ら「おっさん」「おばはん」は、もうすぐ命が尽きるのだ。

 ほんとうにやりたいことをやってから、ほんとうの自分になってから、死のうじゃないか!

 生きている間にブレイクしなくても、ゴッホみたいに、死後に大爆発するかもしれない。

 「おっさん」「おばはん」にとっての問題は、それでカネになるか、それがブレイクするか、じゃない。

 本当になりたかった自分になることなのだ。

 若いころは、経済的に、あるいは、世間体や見栄に縛られて、それができなかった。

 でも、子どもたちが巣立ち、あるいは巣立ち間近になって、そうなることへの障害も格段に少なくなったはずだ。

 今の最大の障害は、「自分なんかできない」「自分のやることには価値がない」などと、自分を過小評価して踏み出せないことなのだ。

 もう、30年ぐらいで、どうせ人生は幕を降ろすというのに。

 今こそ、本当にやりたかったことを始めよう。

 そして、最低でも、3年は続けよう。

 

 ブライアンさんみたいに。 

*ブライアンさんのことは、今朝この記事を読んで知りました。

How a Middle-aged IT Guy From Peoria Tweeted His Way Into a Writing Job on Late Night With Seth Meyers

(2014年4月18日「ICHIROYAのブログ」より転載)