BLOG

違法な音楽ストリーミングサービス「Grooveshark」がサービスを終了

2015年05月01日 16時33分 JST | 更新 2015年06月30日 18時12分 JST

2015-05-01-1430455133-3456089-grooveshark_logo_vertical.png

レコード会社に許可無く音楽をアップロードして利用してきた、違法な音楽ストリーミングサービス「Grooveshark」が終了しました。

Groovesharkを運営するEscape Mediaは過去6年に渡り、メジャーレーベルから著作権侵害で告訴されてきた歴史があります。

今回ユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージックとの和解に辿り着き、ついにサービスを終了するとEscapeの創業者が発表しました。

すでにGroovesharkのサイトでは、サービス停止の声明文(謝罪文)を公開。

アプリ、ウェブはすでに停止しています。
Grooveshark

日本ではGroovesharkを「便利なサービス」として持ち上げるブログがちらほら見かけましたが、このサービスはLimeWireやGroksterなどと同様に著作権を侵害してきた違法な音楽サービスです。

SpotifyやDeezer、Rdio、Beats Music、Google Playなど合法な音楽ストリーミングサービスが音楽業界やレコード会社、アーティストに貢献し始めている流れがある中で、Groovesharkのような違法サービスの存在が無くなることは、音楽業界にとっても大きな勝利となるので、業界的には素晴らしい結果ですね、これは。

ソース

Grooveshark is dead(The Verge)

(2015年5月1日「ALL DIGITAL MUSIC」より転載)