BLOG

娘に忘れないでいてほしい、20のこと。

2015年12月06日 17時11分 JST | 更新 2016年12月05日 19時12分 JST
Sally Anscombe via Getty Images
Mother holding her baby daughter in the nursery

2015-12-01-1448986405-5205560-12249961_10153312069965197_5881688440430387640_n.jpg

娘たちに私は、いつも次のことを覚えていてほしいのです。

1. 男性や女性とデートをしても構いません。

互いに愛し、敬うことが一番大切です。

2. こんなアドバイスは信じてはいけません。

「今していることを好きになりなさい。そうすれば、人生に『仕事』などというものはなくなります」 。自分が得意で、日々充足感が得られるような職業を選ぶのは大切です。でも、仕事は仕事です。

3. 学校にはしっかり行きなさい。

全員が大学に行けるわけではありませんが、その他の教育機関、例えば専門学校や職業訓練校は、世間で評価されているよりも有益です。いずれにせよ、学校はただ仕事の礎となるだけでなく、プレッシャーにどう対処するか、他の人とどうやっていくかを身につける、人生経験の場なのです。

4. 自分を好きになりなさい。

世界でひとりぼっちだと思えるときは、自分自身と友だちになる絶好のチャンスです。

5. 魔法を信じなさい。

ときどき思い出すと心が弾むような、形のない夢中になれるものを見つけなさい。星の不思議に思いを巡らせ、月を見上げて、はっきりとした答えが出ないような問いを投げかけてみましょう。

6. 宝石を身につけてごらんなさい。

愛情の証や記念品としてもらった宝石は、私たちの気分が沈みがちなときに、元気を出すことを思い出させてくれるパワフルなアイテムです。

7. 自分のために宝石を買いなさい。

誰かが特別なものをプレゼントしてくれるのを待っていないで。

8. 水を飲みなさい。

理由は、あなたのママ(私)がそういうからよ。私は、まだあなたたちのママなの。

9. 権威には疑問を抱きなさい。

でも規則は守りなさい。規則が気に入らない場合は、それを変えて世界をより良くしなさい。

10. 運動をしなさい。

毎日が楽しくなる方法で、体を動かしなさい。

11. 料理をして、愛する人と一緒に食べなさい。

そうすれば毎日が特別で、過ごしやすく、価値のある日々になります。

12. 心の栄養を摂りなさい。

心と魂に染みる名書を読み、歌を聴けば、うつむいていても上を向いて、足取りも軽やかなり、大声で笑えるようになります。

13. 他の人の心に、栄養を届けなさい。

賞賛、ハグ、共感の涙を、惜しみなく人に与えることの喜びを見つけてください。

14. 泣きたいときは、泣きなさい。

15. 小さなことで争ってはいけません。

無駄です。人生で、本当に戦うべきことは他にたくさんあります。小さなことで争っている場合ではありません。与えられたものに対抗するのではなく、利用しなさい。必要な場合は私がサポートします。私はあなたたちのママなんだから。そう、私自身もそうやって生きているのです。

16. 眉毛は抜きすぎないでください。

本当に。

17. 知らないときは「知らない」といいなさい。

そのほうがずっと信頼されます。

18. 誕生日には、必ずケーキを食べてください。

19. 体重計をもつ必要はありません。

20. あなたたちを、ママが愛していることを忘れないでください。

いつかいなくなって、伝えることができなくなっても、ずっと愛しているわ。なぜなら私はあなた達のママですから。いつだって。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

赤ちゃんを数秒でなだめる魔法、ハミルトン博士が教えてくれたよ(動画)

robert hamilton

1歳の息子の写真を5000枚撮った。今、僕はすごく後悔している。

baby

Twins