BLOG

『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』 ― 新結合こそイノベーション!/宿輪純一のシネマ経済学(75)

2015年05月19日 22時24分 JST | 更新 2016年05月17日 18時12分 JST

(2015年)<5月23日公開>

赤塚不二夫は、筆者が好きな漫画家の一人である。この「天才バカボン」も好きであったが、「もーれつア太郎」も好きだった。本作品は、2008年に亡くなった赤塚不二夫の生誕80周年を記念した作品で、「秘密結社 鷹の爪」シリーズのFROGMANが、「天才バカボン」初の長編アニメの映画にした。「天才バカボン」はテレビでは4回放映された。ちなみに、FROGMANはバカボンのパパの声も演じる。

しかも、訳が分からないのが人気アニメ「フランダースの犬」とコラボレーションしたという点。しかも、ネロと愛犬パトラッシュが、悪の手先となって、バカボン一家に戦いを挑むという。何が何だか分からない、バカバカしく楽しい映画。

ここで気になるのは、なぜ「バカボン」ではなくて「バカヴォン」なのかということ。FROGMANによると、赤塚不二夫が命名した「バカボン」は、そもそも「馬鹿梵」で、ボンは梵。ヒンズーや仏教世界で言うところの宇宙の根本原理を意味する『ブラフマー』。赤塚先生にとっての世の中は馬鹿げて、かわいらしく愛すべき存在だったので『バカボン=馬鹿梵』と名付けていた。また、本作品では今回は根本原理から逸脱し、新しい世界の再構築を試みるため、破壊と再生の神シヴァの名の『V』の文字を本作のバカヴォンに込めた、ということらしい。

さてストーリーであるが、「フランダースの犬」の最後シーンから始まる。ネロとパトラッシュは天に召される。ところが突然、ネロと"悪の手先"となって復活し、自分たちを不幸な状況に追い込んだ人間たちへの復讐を始める。しかし、インテリペリという秘密結社も出てくるが、「バカボンのパパの本名」を知りたがっている、などという訳の分からない状況。この秘密結社がネロとパトラッシュを使うのである。その後、激しいが、ゆるいバカボン一家との戦いが始まる。

確かに「バカボンのパパの本名」は素朴に知りたいとも思う。そして次男なのに「はじめちゃん」の理由も知りたいとも思う。(野球のICHIROも次男であるが理由があって一朗と付けた)

経済政策の長期的成長戦略は、粗く言えば、実は「人口×資金×イノベーション」に因数分解できる。そのイノベーションであるが、オーストラリアの経済学者シュンペーターの経済発展論の中心的な概念である。一部には「発明」のような概念と思われることがあるが、そうではなく、まったく違うもの、異質なものなど、様々なものを組み合わせて新しい商品(価値)を創造していくことで「新結合」という意味が正しいのである。

つまり、この作品も、新結合、つまりイノベーションなのである。しかも、産業的に考えた場合、様々な新商品は出すまで当たるか、当たらないか、また大ヒットするか分からないという可能性が高い。この作品もまさに異質な2つの作品の組合せであり、新分野を形成する可能性もある。

ちなみに、筆者が書いている「シネマ経済学」であるが、これも異質なものの組み合わせで、価値を生む例ではないか。当初、映画評論家としてスタートする時に、普通の映画評論では、まったく評価されなかった。そこで、自分の持って居る「経済学」の知識と新結合させ特徴をつけた。経済学博士号をもった映画評論家はたぶんいないことも調べた。他との差異化が企業戦略では必要なのである。実際に筆者の企業戦略の講義では実例として説明している。

また、筆者も決済系の書籍で著作権関係の被害を受けているため、この「シネマ経済学」も商標登録しようとした。特許庁の回答は半年ぐらいかかったが、いわゆる門前払いだった。

【著者の新刊案内】

『通貨経済学入門(第2版)』(日本経済新聞出版社)税込定価¥2,808-

<書籍の帯の文章> 世界の経済を牽引(リード)する主役は通貨(マネー)! 基軸通貨、変動相場制など基本項目から今日の最近の動きまでを平易に解説している好評のテキストを、人民元の国際化とAIIB・ビットコイン・仮想通貨、ロシア・ルーブルの変動相場制への移行、「資源国通貨」の考え方などの新項目を加え、時代の変化に合わせてさらにパワーアップした"決定版"!

【宿輪ゼミのご案内】

博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かり易い、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月で10年目、開催は180回を、会員は8000人を超えています。次回第181回の宿輪ゼミは5月20日(水)開催。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。

https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/