ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

宿輪純一 Headshot

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』―アメリカン・ドリームが道を開く/宿輪純一のシネマ経済学(79)

投稿日: 更新:
印刷

(TERMINATOR: GENISYS /2015)

大ヒットしたSFアクションシリーズ『ターミネーター』の第5作目。『ターミネーター』(84年)、『ターミネーター2』(91年)、『ターミネーター3』(2003年)、『ターミネーター4』(09年)と続いていた。

ターミネーターといえば、アーノルド・シュワルツェネッガーである。『ターミネーター4』には政治家となっていたために出られなかったが、CGによる出演をした。12年ぶりに本シリーズに復帰した。本作は「リブート(reboot)」である。これは、日本題にも入っているが「再起動」ともいい、シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことを意味する。今回も基本的なストーリーは『ターミネーター』と『ターミネーター2』をベースとしている。

2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍(人類を救う方)が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた"審判の日"以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方、機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナーを生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込んだ。しかし、今回はいままでのシリーズとは、ジョン・コナーの役回りが違う。

監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのアラン・テイラー。ライバルの新しいターミネーターT-1000には、イ・ビョンホン。

本シリーズはアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作である。彼は、1947年4月30日生まれの67歳(元気である)。彼はオーストリア生まれで、68年21歳で渡米した。英語に苦労しながらも、大学とボディビルを両立させ、五回のミスター・ユニバースなどのタイトルを得ている。

映画でも、彼の戦いを描いたボディビルのドキュメンタリー映画 『鋼鉄の男 ''Pumping Iron''』(77年)は、ボディビル(そしてゴールドジム)人気のきっかけとなった。

その後『コナン・ザ・グレート』(82年)、『ターミネーター』(84年)、『プレデター』(87年)、『レッドブル』(88年)、『ツインズ』(88年)、『トータル・リコール』(90年)、『 ターミネーター2』(91年)、『ラスト・アクション・ヒーロー』(93年)、『トゥルーライズ』(94年) 『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』(97年)、 『ターミネーター3』(03年)等に出演。

2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事となった。86年から11年までケネディ元大統領の姪のマリア・シュライヴァーと結婚していた。移民で州知事にまでなったのは彼女の支えもあったと思われる。

その後、映画に復帰し『エクスペンダブルズ』(10年)、『エクスペンダブルズ2』(12年)、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(14年)等に出演と続く。

彼は、オーストリア生まれの移民で、大学で勉強しながら、ボディビルで世界一になり、その後、俳優でもスターになった。ケネディの姪と結婚し、政界にも進出した。まさに、アメリカン・ドリームである。

筆者もアメリカには長く住んだが、この「ドリーム(Dream)」という言葉(英語)の意味が、日本におけるそれと違うと思う。日本ではドリームは「夢」という意味になっている。それは「甘い夢」のイメージではないか。しかし、アメリカの「ドリーム」は、本当は「目標」という意味に近い。つまり、アメリカン・ドリームとは「目標を立ててそれを達成すること」の意味である。幸運ではない。まさに、自分で成し遂げていく、イノベーションの国に相応しい。

これと同じように日本における意味がちょっと違うような英語が結構ある。「ハイリスク・ハイリターン(High Risk, High Return」もこれを聞くと、日本人は投資を止める。しかし「リスク」とは、ラテン語では「挑戦」の意味に近い。つまり「すごく頑張ればすごく成果もある」という意味である。また「トライ・アンド・エラー」はそもそも間違っていて、英語では「Trial and Error」であり、本当は「試行錯誤」の意味である。このような英語の通訳が、日本の経済や金融の成長にマイナスの影響を与えてきたかもしれない。

アメリカの成長力は、そもそもアメリカ人が持った「アメリカン・ドリーム」の"力"ではないかと筆者は考えている。

【著者の新刊案内】
『金融が支える日本経済―真の成長戦略を考える』宿輪純一著/櫻川昌哉著(税込定価¥1,728、東洋経済新報社)
日本の金融力は製造業以上の武器になる! 経済成長、財政問題解決の切り札となる金融立国のすすめ。

【宿輪ゼミのご案内】
博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かり易い、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月で10年目になり、開催は180回を、会員は8000人を超えている。次回第186回の宿輪ゼミは7月15日(水)開催。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/

他のサイトの関連記事

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ロボニャンや日野晃博氏もレッドカーペットに登場したジャパンプレミアをリポート

人工知能(AI)の“ターミネーター化”防止目的の37の研究にFLIが総額700万ドル提供

シュワT-800と激突!イ・ビョンホン、冷酷非道な追跡者「T-1000」を語る【独占映像】

殺人マシンも“進化”する! 『ターミネーター』新作、衝撃映像が公開!