BLOG

燃料電池車FCVによる水素社会は本当にエコなのか?

2015年03月05日 19時33分 JST | 更新 2015年04月30日 18時12分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
This picture taken on November 17, 2014 shows Japanese auto giant Toyota Motor's fuel cell vehicle 'Mirai', meaning future, cruising in Tokyo. The Mirai, which can drive 650km from a charge of hydrogen, will go on sale in Japan with a price of 62,000 USD (7.2 million yen) on December 15. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

昨年末に発売されたトヨタの燃料電池車(FCV)MIRAIは、官公庁を中心に受注が好調で、発売後一ヶ月で1500台(既に当初の年間目標の約4倍)に達したそうです。その他にも、関連特許を無償公開して参加者を募る戦略や、2020年東京オリンピックに向けて「水素社会実現」を官民挙げて目指す機運も高まっています。

しかし一方で、燃料電池車は本当は全然エコじゃないし、インフラを整えるのが大変だから世界では普及しないだろうというシニカルな意見もある。

特に批判の急先鋒なのは、電気自動車ベンチャー・テスラのCEO、イーロン・マスク氏で、「フューエル・セル(燃料電池)はフール(愚かな)・セルだ」などと上手いこと言いながら批判、トヨタの上級副社長と舌戦になったというニュースも見ました。

まあ、電気自動車ベンチャーのCEOは当然そういう話をするよな・・・という問題もあるので、実際にはどうなんだろう?ということを少し調べてみると、

「めっちゃウマく行けば凄い可能性があるが、中途半端にやると最低の技術になる」

というような状況のようです。この記事は、そのあたりの問題と、日本の可能性について考えてみる記事です。

結論を端的にまとめると、

1)FCVはちゃんと社会が活用できなければエコ的に最悪の技術になる

2)しかし、本当に活用できれば凄いエコになる。

3)かつ、現代社会の核心的課題である"格差問題"などにまでポジティブな影響を与えうる可能性があるし、ここ20年絶不調だった日本の良さを提示していける可能性を秘めている

というような内容になります。特に、この「技術動向」的な話だけじゃない、「3」の話が今回の主題なので、12はもう知ってるよ・・・という方も「3」だけ読んでいただければと思います。

1)燃料電池車(FCV)vs電気自動車比較(EV)をするとFCVは全然エコじゃない?・・・かもしれない。

細かい技術的な数字は開示する人の立場によって全然違うし、今後も変わっていくと思われるので、ざっくりした話をすると。

●FCVが有利な点

・ミライは既に一回の水素充填で650キロ走行できるが、現行の電気自動車はせいぜい200キロ程度である。(これを読むと実際にはそれより短いし、次の充電ステーションまでかなりドキドキすることになりそう)

・電気自動車は充電に時間がかかる(通常は8時間程度。急速充電でも30分程度)。これは将来もすぐには解消されないだろう。水素はガソリン車より少し長い程度の短時間(数分間)で満タンにできる。

これは大枠として今後も変わらない構図のようです。

基本的に、夜ゆっくり充電して通勤に使うとか、都市部での短距離移動だけの目的に買うならいいが、たまに長距離移動に使いたい・・・となると結構キビシイ状況は将来も変わらないだろうというのが電気自動車の最大のネックになっている。特に急速充電でも30分程度かかる・・・というのが、地味ながら決定的な感じに、実際の「実用性」を考えるとネックになるかもしれない。

さっきもリンクしましたが、ここに日産リーフ(EV)で実際に遠出してみた・・・というルポがあるんですが、常にバッテリー残量を計算しながらドキドキして走っていて、また急速充電機があるところで別の人が先に使っていたりすると、30分×人数分時間がかかるわけで(これは将来的にもかなりツライと思われる)、ガソリンでも走れるプラグインハイブリッドは充電すんじゃねえとか口論になったりすることがあるらしく(笑)、ドキドキ感がゲームとしては面白いかもしれないが、将来に渡っても本格普及するのは結構辛そうだなという感じもしました。

じゃあ、ガソリン車と似たような感じにすぐ充填できて使えて、走行中は水しか出さない、究極のエコカーFCVっていいじゃん!?ってなりそうなんですが、色々と難しい点があるんですよね。

●FCVに不利な点

・インフラ整備にお金がかかる

・水素を作る時点から考えると全然エコじゃない可能性がある

インフラ整備には相当お金がかかりそうです。既にある送配電網とか既にあるガソリンスタンド網とは全然違うものを作るわけですからね。ただ、現状では一箇所数億円・・・という話もありつつ、将来的には10分の1にできる技術が既に見えているとか、色々言われているので、本当に普及するようになればコストも相当下がるでしょう。

実際問題として、現代の経済は「なんかみんな納得できる大きなプロジェクトがある」ってこと自体が実は凄く「みんなが必要としていること」であったりするので、最初期を公費補助で賄いつつもある程度採算が取れるようになってきたら、「インフラ整備が大変」なこと自体が各国経済にとって「福音」になる可能性がある。

でも最後まで残る問題は、「・水素を作る時点から考えると全然エコじゃない可能性がある」の方なんですよね。

一番最悪なのは、現状発電の大半を火力に頼っている日本が、「火力発電で作った電力で水素を作ってそれでFCVを走らせるインフラにする」ことです。こうなったらもう目も当てられない。「トータルなエコ」を考えるとやらないほうがマシな世界になります。

将来に渡って技術進歩もあるし、現時点でも業界団体ごとに自分たちに有利な数字を発表するので、とりあえずウィキペディアのFCVのページ下段、「エネルギー効率」の項を見ておけばだいたいのことはわかります。

物凄く単純にいうと、

水素を作ってそれを圧縮して輸送して充填するプロセスに物凄くエネルギーを使うので、そもそも火力発電で作った電気で直接充電する電気自動車や、火力発電に使う化石燃料(ガソリンで発電するわけじゃないから厳密には違うものだけど)の分をそのままガソリン車で燃やして走ったほうが効率的

ということです。

つまりさらに単純に言えば、

・既に発電されている電気がある時に、それを使って水素を作って圧縮して輸送して充填してFCVを走らせるみたいな遠回りをするより、その電気で直接充電して電気自動車走らせた方が効率的

・化石燃料が目の前にある時に、そこから火力発電してその電気で水素作って圧縮して輸送して充填してFCVを走らせるような遠回りをするより、その化石燃料でそのままガソリン車を走らせた方が効率的

ということになる(以下の絵参照)。

2015-03-01-FCV_nonECO.png

ダメじゃん!?

・・・しかし、少し考えてみると、ここに「本当に凄いエコ」になる可能性が隠れているんですよ。それは次項で。

2)しかし、物凄くうまくいけば、FCVが凄いエコになる可能性もある

FCVが凄いエコになる可能性というのは、要するに今のエネルギー消費システムにはあっちこっちに無駄があるってことなんですよね。

特に電力網は「その瞬間のトータル」でちゃんと需給が完全に合ってないといけないので、せっかく再生可能エネルギーを入れ込んでいこうとしても、天候に左右される再生可能エネルギーをちゃんと需要側に合わせることが難しくて、結局かなりの部分を無駄に捨ててしまっている状況もある。

もちろん、その問題を解決しようと電力会社や色んなベンチャーがそれぞれ頑張っているのですが、やはり安定供給を担う側の「伝統的電力会社」の人間は最大限保守的な対応にならざるを得ず、そのあたりが、「再生可能エネルギーをもっと導入したい」という人たちの気持ちとうまく噛み合わない結果になる。

結果として陰謀論的なものまで含めて、「伝統的電力会社」への憎悪が募ったりもするし、そういう憎悪が募るほど、さらに「伝統的電力会社(や彼らと連動した官僚システム)」の参加者は保守的な対応にならざるを得なくなる・・・という問題がある。

こういう「言論の二極化」こそが現代日本の最大の問題で、それを乗り越える風潮づくりこそが本当に日本が自分たちの強みをスルスルと自然に発揮して活躍していくために大事なことだという話を広い範囲にわかってもらうことが私のライフワークでもあって、興味のある方は、例えばこの記事→安倍批判をすればするほど安倍政権は過激化する矛盾を超えてなんかから入って色々な関連文章を読んでいただきたいと思っているのですが。

ともあれ、そこで水素インフラが整備されるとどうなるか?

水素インフラが整備されると、これが「バッファー」になることで、あっちこっちでやりたいだけエコなことができるようになる。

これは例えると、

今まで物々交換しかできなかったから自分たちや近所の人が食べられる分以外の食料を生産してもうまく消費しきれなかったが、"お金"という仕組みができたら広域でスムーズにやりとりができるようになったので、沢山生産できる土地があるなら生産できるだけやればいい・・・という風になれた

というような状況です。以下の絵のようになるわけですね。

2015-03-01-Hydro_infrastructure.png

この絵、私はかなり気に入ってます。今の世の中の不愉快な陰謀論とか幸薄い罵り合いの大部分が解決する可能性を感じる。下側の絵みたいに生きていきたいですもんね。

あっちこっちで、あんまり安定はしないけど調子が良い時の最大発電量では結構イケル時もある・・・というような発電システムをバンバン作れるようになる。余ったら全部水素に変えておけばいいわけだから。そうすると「送配電網の安定性」を必死に気にしてるような人と、できるだけエコな発電システムをどんどん作りたい・・という人の利害がぶつからなくなる。

このことのメリットは実は物凄く大きいので、その電力を実際に使う時の効率性といった数字で多少の差があっても吹き飛ばせる可能性があるわけですね。保存食にしたら多少栄養は減るかもしれないが、だって今日食べきれなかったらどっちにしろ腐っちゃうんだからこっちの方がいいじゃん・・・というようなメカニズムがあるということです。

国内における話だけではなくて、「広大な砂漠にメガソーラー」とか「洋上に沢山浮かべる風力発電」といった、可能性あるかもしれんけどどうやって消費地まで運ぶのさ?という数々のアイデアのボトルネックを解消する方法になる可能性がある。

もちろん、あなたがあくまで再生可能エネルギーに批判的で、男は黙って原子力!という人であっても、その結果どうしても出てしまう「需要側の谷」において余った電力を水素という「通貨」に変えて保持しておくことができるようになります。(個人的には"核融合"に物凄く期待してるんですが、それでも同じことです)

また、水素というのは非常に単純な化合物なので、色んなものの副産物として生成したり、あるいは最近話題の「人工光合成」など、それを作り出すプロセスにも多種多様なチャレンジが可能になる。それらが全部「水素」という通貨に転換されることで、それぞれのチャレンジ同士を無理に同期させなくても良くなるんですね。

こういう「本当にうまく行く」流れができれば、水素社会というのは「考えられる限り物凄いエコ」な社会になる可能性があるってことなんですね。(最大限良いシナリオでも社会全体でみて環境的に負荷がかなり残り続ける電気自動車だけの未来よりも、もっと根本的なエコに進める可能性がある)

だから、もし人類が(とりあえず日本が)「水素社会」を実現しようと動き出すのなら、中途半端にやって火力発電で作った水素でFCVを走らせるみたいな壮大な無駄をやるのではなくて(過渡期的にはそうなることも必要な可能性はありますが)、「水素というエネルギー通貨」を作ることでその先の「物凄くエコな社会」実現を目指すんだ・・・という気合いが必要なんだということです。

そして、日本という社会が必死にこの「水素社会実現」に向かうことによって、世界人類の共通課題である「格差問題」にまで、影響を与える可能性があるんですよ。

それについてはまた次回でお話します。

ハフィントン・ポストでは分割掲載しているので、一気読みしたいあなたはブログでどうぞ。

今後もこういうグローバリズム2.0とそこにおける日本の可能性・・・といった趣旨の記事を書いていく予定ですが、更新は不定期なのでツイッターをフォローいただくか、ブログのトップページを時々チェックしていただければと思います。

倉本圭造

経済思想家・経営コンサルタント

・公式ウェブサイト→http://www.how-to-beat-the-usa.com/

・ツイッター→@keizokuramoto

最新刊『「アメリカの時代」の終焉に生まれ変わる日本』発売中です

(当記事の絵や図は、出典を明記する限りにおいて利用自由です。議論のネタにしていただければと思います)