BLOG

爆弾テロが起きたイラクのバクダッド。その現場で単身チェロを弾き始めた男性が話題に

2015年06月12日 16時46分 JST | 更新 2016年06月11日 18時12分 JST

爆弾テロはイラクでは珍しいことではなくなってしまった。

誰もが諦め、希望を失うような状況下、爆弾テロがあった現場で単身チェロを弾き出した男性がいる。

イラク国立交響楽団指揮者で高名なカリム・ワスフィさんだ。

先月5月、バクダッドのマンスール地区で爆弾テロが発生した。

しばらくしてスーツ姿のワスフィさんが単身現れ、チェロを取り出し、演奏を始めたことが世界中に口コミで広まった。

バグダッドで命を落とした人々だけでなく、テロで亡くなった世界中の人々のために演奏したという。

また、この行為は暴力への反対の表明なんだとも。

爆弾テロは命を奪うこと。

演奏することは命を吹き込むこと。

兵士は泣き、人々はキスをし、拍手し、生きていることを実感したのだそうだ。

ものすごい意思の力。心から美しいと思った。

暴力の文化ではなく、平和の文化を広めていくこと。

これこそ、私自身、2011年から取り組んでいる国際平和映像祭(UFPFF)の役割だと思っている。

Interview: Why I played the cello at a Baghdad bombsite

Amid Violence In Baghdad, A Musician Creates A One-Man Vigil

関根健次・公式ブログ http://sekinekenji.info/ より