heiwa

7歳の時、広島市で被爆した児玉三智子さん。強調したのは、被爆から生き延びたあとでも受け続けた、傷のことだった。核兵器禁止条約への思いを語った。
Twitter上には、現地の抗議デモの様子を捉えた映像や写真が多数投稿されている。
平和学習の形骸化から分断された社会、AIによる歴史伝承の限界まで、自らの思いを語る
8月6日。写真家でジャーナリストでもあるアメリカ人のアリ・ビーザーさん(28歳)にとって、この日には特別な思いがある。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。
毎年8月8〜9日に開催する平和行動 in 長崎。連合長崎の青年委員会・女性委員会のメンバーが、ピースガイドとして平和公園内を案内します。
9歳の女の子の怒りと諦めが入り混じった眼差し、子どもとは思えない達観した表情が心に深く突き刺さりました。
シリアに次いで世界で2番目に難民を生み出しているアフガニスタン。実は今、パキスタン、イランから難民が同国に戻る帰還ラッシュが起こっています。
厳しい環境ながらも、身の危険をも乗り越えて活躍する女性たちの逞しさをお伝えできればと思います。
アフガニスタンは今、長きにわたる劣悪な治安情勢により、人々の生活が深刻な影響を受けています。
私はニブいのであまり気付かない方なのですが、ある時さすがの私も気付くくらいのハードなガン見マダムに遭遇。
「スポーツ×平和×開発」について私たちができる身近なことは何なのか、まわりの人と話してみるきっかけにしても良いかもしれません。
沖縄の多様な側面に出会い直す機会に、私たちはその声をどのように聞き、人に伝えることができるのだろうか。
私たちは、各国政府や民間セクター、学界、市民社会が、宇宙活動に大きな関心を向けるべき理由について、より深く理解できるようになったと確信しています。
アフリカの人たちの伝統的な語りや現地の諺を元にして、平和を作る知恵や知識を学んでもらっている。