BLOG

タコから着想を得た粘着パッチ

2017年06月20日 23時22分 JST

接着材料は、大きく分けて2つに分類され、界面での化学結合や引力を通して機能するものと、機械的な結合を通して表面同士の接着性を確保するものがある。

いずれの種類についても、乾燥状態や液体に浸した状態で接着して、しかも汚染されにくい接着材料を見つけることが、目下の課題である。

今回C Pangたちは、タコの吸盤の形状から着想を得て、機械的変形を通して接着するテクスチャー加工したポリマーパッチを開発・作製した。

このパッチは、さまざまな媒質中で優れた接着特性を示すとともに、化学的汚染が起こりにくかった。

Nature546, 7658

2017年6月15日

原著論文: A wet-tolerant adhesive patch inspired by protuberances in suction cups of octopi

doi:10.1038/nature22382

【関連記事】

みぞれ状の強誘電体 Nature546, 7658 2017年6月15日

超高密度な析出物が超高強度鋼を作る Nature544, 7651 2017年4月27日

ガラスを3D印刷する Nature544, 7650 2017年4月20日

結晶のエネルギー-構造-機能マップ Nature543, 7647 2017年3月30日

歯のエナメル質から着想を得た強靭な材料 Nature543, 7643 2017年3月2日