BLOG

細菌塊を形成させる抗体が腸管を守る

2017年05月04日 16時30分 JST | 更新 2017年05月04日 16時30分 JST

免疫グロブリンA(IgA)は、多くの感染に対する生体防御の第一線で働く重要な因子であるが、腸において防御機能を誘導する物理的な過程についてはほとんど明らかにされていない。

今回K Moorたちは、マウスの腸においてIgAは、分裂中の細菌の子孫細胞をつないでクローン性あるいはオリゴクローン性の細菌塊とすることで、ネズミチフス菌(Salmonella Typhimurium)感染を防ぐことを示している。

この細胞塊を形成させる機構により、IgAは侵襲性を持つ可能性のある細菌種を直接無力化して、細菌の侵入を防ぎ、その一方で、宿主に対するダメージを引き起こしかねない免疫過程を回避している。

Nature544, 7651

2017年4月27日

原著論文: High-avidity IgA protects the intestine by enchaining growing bacteria

doi:10.1038/nature22058

【関連記事】

肺は新鮮な血液の供給源である Nature544, 7648 2017年4月6日

組織常在型記憶T細胞は外来性脂質を取り込んでいる Nature543, 7644 2017年3月9日

CARで腫瘍拒絶をドライブする Nature543, 7643 2017年3月2日

マラリアワクチンの探索 Nature542, 7642 2017年2月23日

シトクロムP4501はAHRリガンドを調節する Nature542, 7640 2017年2月9日