BLOG

難しい合成を少し簡単に

2015年08月22日 16時07分 JST | 更新 2016年08月20日 18時12分 JST

多くの化合物が材料科学から創薬までさまざまな分野で利用されているが、そうした化合物の化学合成では空気中の酸素や水に敏感な化学成分を使っているため、貴重な試薬の多くが完全に消費される前に変質してしまっている。今回S Buchwaldたちは、敏感な化合物の混合物をパラフィンワックスでカプセル化して安定化し、ベンチトップで保管できるようにする方法を報告している。著者たちは、このカプセル化手法を、炭素-フッ素結合、炭素-窒素結合、炭素-炭素結合を形成するパラジウム触媒反応に必要な試薬(触媒、配位子、塩基)を全て封入した使い捨てカプセルで実証した。今回の方法は、さまざまな試薬と触媒に広く適用できるため、多くの合成プロセスが非専門家の実験室でも容易に実施できるようになるだろう。

Nature524, 7564

2015年8月13日

原著論文:

Dosage delivery of sensitive reagents enables glove-box-free synthesis

doi: 10.1038/nature14654

【関連記事】

フロー法を用いた精密化学品の合成 Nature520, 7547 2015年4月16日

安定な金(III)系触媒 Nature517, 7535 2015年1月22日

君が知ってる化学は、まだこれっぽっちだ Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 9