kagaku

ネットでは、「GIFかと思った」「飲み込まれそう」など衝撃が走っている一方、「全然わからない」「静止画にしか見えない」などの声も。【2022年 上半期回顧】
ネットでは、「GIFかと思った」「飲み込まれそう」など衝撃が走っている一方、「全然わからない」「静止画にしか見えない」などの声も。
ドングリの腹にある穴のほかにも、チェックポイントがあるという。
東工大教授の田中幹子さんは「細胞死」の理由を明らかにして、優れた女性科学者に贈られる猿橋賞を受賞した。
ヒトに近い霊長類を使った研究は、倫理的な懸念を呼びそうだ。
銀河同士が衝突すると、銀河の中心にあるブラックホールは活動が活発になると考えられてきたが…。東京大などのチームが発表した。
JAXAの久保田孝教授は「今まで一つ一つ積み重ねた集大成。完璧なミッションでホッとした」と喜んだ。
ダーウィンの頃から科学者たちの間で信じられてきた見解が変わった。「性別や背景の異なる研究者は、科学における疑問やアプローチの多様性に大きく貢献している」
科学記者なら科学者と、医療分野なら医療関係者と関係を深め、専門家の代弁者となる。関係が深まる分、書けないこともでてくる。危機の時代、専門性が「ない」書き手であることにもまた、価値があると感じている。