BLOG

電気的に駆動される酸化還元触媒反応

2016年03月09日 16時11分 JST | 更新 2017年03月09日 19時12分 JST

理論的には、よく考えられがちな酸化還元反応だけでなく、多くの化学反応が、電場をかけることによって触媒される可能性があると示唆されている。

今回、これを示す実験的証拠が、ディールス・アルダー反応における炭素-炭素結合形成の単一分子研究から得られた。

電場が存在し、ジエノフィルからジエンへの電子の流れが有利になる方向を向いているときに、単一分子接合の形成頻度が5倍高くなることが、一連の走査型トンネル顕微鏡破断接合実験で観測された。電場によって化学反応を操作できることを実証した今回の実験は、新しい不均一触媒反応法の原理証明である。

Nature531, 7592

2016年3月3日

原著論文:

Electrostatic catalysis of a Diels-Alder reaction

doi:10.1038/nature16989

【関連記事】

一酸化炭素の還元を目的とした設計 Nature529, 7584 2016年1月7日

ネットワーク解析を用いた複雑分子の合成戦略 Nature528, 7583 2015年12月24日

S-アリール・コンジュゲートの新しい合成法 Nature526, 7575 2015年10月29日

複数の触媒で炭素?炭素結合を形成する Nature524, 7566 2015年8月27日