BLOG

冥王星はもやのため寒い

冥王星の気温は、標準的な理論による予測よりも低いことが観測された。

2017年11月22日 16時32分 JST | 更新 2017年11月22日 16時32分 JST

冥王星の気温は、標準的な理論による予測よりも低いことが観測された。

考えられる説明の1つは水蒸気の存在であるが、そのような寒冷な大気を生じるには、平衡から桁違いにずれていなければならないと思われる。

今回X Zhangたちは、モデリングを通して、冥王星の気温を調節しているのはガス分子ではなくもや(haze)の粒子であり、これは太陽系内で独特であることを示している。

このことから、冥王星が以前に考えられていたよりも中赤外波長域で明るいはずであるという明瞭な予測が得られる。

この予測は、再来年打ち上げ予定のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡で検証できるはずである。

Nature551, 7680

Haze heats Pluto's atmosphere yet

doi:10.1038/nature24465

【関連記事】

木星の見事なオーロラ

Nature549, 7670 

木星と同じ軌道を逆行する小惑星

Nature543, 7647 

地球の構成要素の同位体組成

Nature541, 7638 

地球のレイトベニアの起源

Nature541, 7638 

冥王星における揮発性物質の輸送のシミュレーション

Nature540, 7631