BLOG

老化細胞の有害な影響

2016年02月20日 18時34分 JST | 更新 2017年02月18日 19時12分 JST

老化細胞は、正常な加齢の間にさまざまな組織や器官で次第に増えていくが、このような細胞が健康や寿命に影響を及ぼすのかどうか、及ぼすとすればどのようにして影響するのかは分かっていない。

今回J van Deursenたちは、成体期にたまった老化細胞は寿命に負の影響を与え、複数の器官で年齢に依存する変化を促進することを示している。老化した細胞を取り除くと腫瘍発生が遅くなり、また複数の器官で年齢に関連する機能低下が軽減され、明らかな副作用は見られなかった。

この結果は、老化細胞を取り除く治療が健康寿命を延ばすことができる可能性を示唆している。

Nature530, 7589

2016年2月11日

原著論文:

Naturally occurring p16Ink4a-positive cells shorten healthy lifespan

doi:10.1038/nature16932

【関連記事】

衰える血液幹細胞 Nature512, 7513 2014年8月14日

老化の仕方は種によってさまざま Nature505, 7482 2014年1月9日

寿命と関係するMRP遺伝子ファミリー Nature497, 7450 2013年5月23日

視床下部による老化過程の制御 Nature497, 7448 2013年5月9日