過労自殺

「新国立競技場」建設で新入社員が過労自殺か 残業200時間超、遺族が労災申請

HuffPost Japan | 中野渉 | 投稿日 2017年07月20日

東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の建設現場で働いていた新入社員がうつ病になり自殺したのは過重労働が原因だとして、社員の遺族が労災を申請していたことが分かった。

「働き方改革」と「散歩」の効用-「あそび」や「ゆとり」を見出す方法:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年06月01日
ニッセイ基礎研究所

人口減少時代に労働生産性の向上が要求される一方、どのようにすれば「あそび」や「ゆとり」を持って効率的に働くことができるだろうか。

電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意「娘は帰ってこない。今働いて、苦しんでいる人、逃げて欲しい」

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月20日

「『ゆとり世代』と言われていますが、ゆとりなんてなかった。本当に努力してきた世代です」(高橋まつりさんの母、幸美さん)

「過労死で有名な国、日本」を変えよう。小室淑恵さんらが訴えた長時間労働の是正

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年01月19日

「『過労死で有名な国』というブランディング。これを変えていかなければいけない」

電通過労自殺「社長辞任ですむ話ではない」塩崎恭久厚労相

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2017年01月06日

社員に違法な長時間労働をさせた疑いで書類送検された電通について、塩崎厚生労働相は「社長1人の引責辞任ですむ話ではない」と述べ、引き続き捜査を進めていく考えを示した。

長く働ける社会~人生100年時代の働き方改革:エコノミストの眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年12月31日
ニッセイ基礎研究所

公的年金制度改革では、負担増を迫られる若者と給付が削減される高齢者の対立という構図で議論されることが多いが、対立を緩和するカギは高齢者が働くことによって収入を得て自力で生活を支えることができるようにすることだ。

電通と高橋まつりさんの元上司を書類送検 強制捜査からわずか1カ月半

The Huffington Post | 生田綾 | 投稿日 2016年12月28日

労働局は全社的に違法労働が常態化しているとみて、全容解明を目指す方針。

高橋まつりさんの死から1年 全文掲載から見える記者たちの思い

水島 宏明 | 投稿日 2016年12月26日
水島 宏明

新聞各社の朝刊は高橋幸美さんが公表した手記を1面トップなどで大きく扱っている。この手記からは母親の大きな慟哭が伝わってくる。それはどんなニュースよりも心に響く。

電通過労自殺、母が命日に手記「どうして娘を助けられなかったのか...」(全文)

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月24日

電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺してから1年となった12月25日、母の幸美さん(53)が手記を公表した。

退職強要されて自殺したソニー社員、なぜ労災と認められなかったのか?

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年12月21日

「子供や高校生の姉ちゃんでもできる仕事しかしていない」などと上司に言われていた。

「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで

withnews | 投稿日 2016年12月09日
withnews

「仕事は続けることが大事なんじゃない」「辞める選択肢もある。命を絶たないでほしい」

電通、「鬼十則」の社員手帳掲載取りやめを検討 どんな内容?

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月17日

違法な長時間労働を社員にさせていた疑いで厚生労働省の強制捜査を受けた広告大手の電通が、社員手帳に載せている社員の心得「鬼十則」について、12月に社員に配る来年の手帳への掲載取りやめを検討していることがわかった。

電通過労自殺、高橋まつりさんの母が訴える「命より大切な仕事はありません」

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年11月10日

「社員の命を犠牲にして業績をあげる企業が、日本の発展をリードする優良企業と言えるでしょうか」(高橋まつりさんの母、幸美さん)

電通が社員集会 石井直社長「全館消灯は申し訳なかった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月07日

厚労省による強制捜査が続くさなかの7日午後1時。電通は社内のホールに社員を集め、石井直社長が一連の事態や善後策について説明する集会を開いた。

電通幹部を事情聴取へ 立件対象者を絞り込む見込み

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月07日

厚生労働省は法人としての電通と関係者の書類送検に向けて、複数の幹部社員の事情聴取にも乗り出す方針だ。

電通に遠慮せず!光るNHK"ブラック企業"取材

水島 宏明 | 投稿日 2016年11月07日
水島 宏明

"隠れブラック企業"とは、見かけ上は働く人間に優しい法令遵守の組織に見せかけながら、実際には働く人間を使い捨てにするブラック企業である実態がある会社を指す。

電通を捜査する「かとく」とは? ドンキも立件【過労自殺】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月07日

過労自殺した電通女性新入社員・高橋まつりさんの母親が記者会見してからちょうど1カ月。労働基準法違反容疑での立件に向けた動きが加速している。

なぜ、若者は「過労自殺」するのか?ー44%が20〜30代

河合薫 | 投稿日 2016年10月27日
河合薫

過労死等防止対策推進法の定義では、「過労死」と「過労自殺」は明確に区分されているのだ。

過労自殺...それでも「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由(マンガ)

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月26日

「過労自殺と聞くと、『死ぬくらいなら辞めればいいのに』と思う人は多いでしょうが、その程度の判断力すら失ってしまうのがブラックの恐ろしいところ」

電通過労死認定から、この国の非常識な「普通」を考える。

雨宮処凛 | 投稿日 2016年10月19日
雨宮処凛

また起きてしまったか…。電通に勤めていた24歳の女性・高橋まつりさんの死が労災認定された報道を受け、最初に浮かんだ言葉だ。

「死んでしまいたい」過労自殺した電通の新入社員 悲痛な叫び

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月07日

広告大手、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が、過労自殺だったとして労災認定された。

「過労死防止学会」が発足 効果的な対策の研究へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2015年05月23日

相次ぐ過労死や過労自殺を防ぐための「過労死防止学会」が、23日に発足した。過労死防止には様々な角度からの分析が必要だとして、労働法や経済学の研究者や医師、弁護士、遺族らが参加。今後、実態調査や効果的な対策の研究に取り組む。

渡辺美樹氏 ワタミの「過労自殺」で"初めての謝罪"。その真意は?

水島 宏明 | 投稿日 2014年05月27日
水島 宏明

会社に入って間もなかった森美菜さん(当時26歳)が居酒屋での調理の業務に未明まで従事し、その後にほとんど眠る時間もないままに本社での研修に参加した末に自ら命を断ったワタミフードサービスの「過労自殺」事件(2008年)。