喫煙

CHRISTOF STACHE via Getty Images

スポーツ選手の喫煙くらいで世間が物申すことに覚える違和感

プロのスポーツ選手が余暇に煙草の1本や2本を吸ったくらいでメディアという名の世間がとやかく物申すことにもちょっとした違和感は覚える。アスリートは喫煙という行為と最も縁遠い存在であるべきなのかもしれないが、相手はプロフットボーラーなのだから、極論してしまえば、俎上に載せるべきはピッチ上のパフォーマンスであり、90分間走り続けながらピッチ上で違いを作り出せるちょっとしたパートタイム喫煙者の方が、70分間しか体力の続かない非喫煙者よりも優れているはずである
Jasper White via Getty Images

タバコを吸うと体内の蓄積された有害物質の害が数倍に!

タバコが体に悪いことを知らない人はいません。でも、悪いと知りながら吸っている人でも、それが自分の想定以上の悪影響を生じているとしたら、ちょっと焦るのではないでしょうか。事実、その可能性は決して低くないようです。今回は、とてもユニークな視点からタバコの害を調べた論文をご紹介します。私たちの体内に知らず知らずのうちに取り込まれた残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants;POPs、ポップス)が、タバコによる健康被害を助長するというものです。北欧諸国最古の大学であるスウェーデンのウプサラ(Uppsala)大学の研究者らが報告しました。
Patrizia Savarese via Getty Images

肉食だと20年後にがんになる?!(大西睦子)

がんを予防するには、まず禁煙、お酒は控えて、野菜をたくさん食べて、運動をして・・・などという話はよく聞きます。でも、そうした日常生活の行動1つ1つが本当にどれだけ発がんと関係があるのかは、いまいち実感できないですよね。それを検証する研究が報告されました。今日の食事が未来のカラダを作っていくのは、やはり間違いなさそうです。
Fotosearch via Getty Images

タバコの煙で窓も開けられない! ご近所のベランダ喫煙をやめさせることはできるか?

マンション暮らしでありがちなのが、換気をしようと窓を開けたら多湿の居住者がベランダでたばこを吸っていて、その煙が部屋の中に入り込んでしまうというケースだ。しかしタバコを吸っている側からしてみれば、「自分のベランダでタバコを吸うぐらいは認めてくれよ」と言うに違いない。果たしてマンションの「ベランダでの喫煙をやめて」と訴える法的な権利はあるのだろうか?