ネット炎上

足成

承認欲求がバカにされる社会と、そこでつくられる精神性について

先日の記事では、承認欲求が社会化されていくプロセス、熟練度がアップしていくプロセスについてまとめた。今回は、承認欲求、とりわけ思春期前半の逸脱しやすい承認欲求が罵倒されたり排除されたりしやすい社会情況と、その問題について振れてみる。昨今、思春期前半の承認欲求が馬鹿にされたり、批判に曝されたりする機会が増えたように思う。
THE HUFFINGTON POST

ネット炎上の企業責任は?

炎上大国の日本。個人発信量が世界一多く、だからバルス祭りも起こる国。ビジネスや文化を産む副作用として、炎上は避けがたいのかもしれません。でも、対応策を講じなければ大変です。とはいえ、幸か不幸か日本が進んでいるので、海外を頼りにできません。自分で考えなくちゃ。