オバマ 演説

「表に出よう。飛び込め。続けるんだ」これがオバマ大統領退任スピーチ全文だ

The Huffington Post | Kazuhiko Kuze | 投稿日 2017年01月21日

「信じてください。『チェンジ』をもたらすのは私の力ではなく——みなさんの力なんだと」。

オバマ大統領が退任演説 目頭熱くし「Yes We Did(成し遂げることができた)」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月11日

20日に2期8年の任期を終えて退任するオバマ米大統領は10日夜(日本時間11日午前)、シカゴで退任演説を行った。

オバマ大統領、核の先制不使用宣言を断念へ 「日本や韓国を動揺させる」

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年09月07日

「ロシアや中国を勢いづかせる恐れがある」といった懸念の声も。

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年05月29日

現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問。オバマ氏は何を語ったのか。

シリア攻撃先送り、オバマ大統領の真意は?

The Huffington Post | 投稿日 2013年09月12日

アメリカのオバマ大統領は10日夜(日本時間11日午前)、シリア情勢について演説し、シリアのアサド政権に化学兵器の放棄を求める国連安全保障理事会の決議採択を目指す方針を示した。アメリカ議会に軍事行動承認の決議案の投票延期を求めたことも明らかにした。対シリア攻撃は当面見送られ、国際社会による交渉が本格化する見通しとなった。

「私には夢がある」から50年 オバマ大統領の演説は

The Huffington Post | 投稿日 2013年08月28日

肌の色で差別されないアメリカ社会を求めて、公民権運動の指導者マーチン・ルーサー・キング牧師が「私には夢がある(I have a dream)」と演説したワシントン大行進から8月28日で50年を迎えた。歴史的な演説の舞台となった首都ワシントンのリンカーン記念堂の前で式典が行われ、黒人初の大統領となったオバマ大統領は演説の中で「人種間の貧富の差は減少するどころか、成長している」と訴えた。