サンフランシスコ

インターンへの給与が高いハイテク企業ランキング 1位は月収8000ドル

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年05月08日
TechCrunch Japan

インターンがコーヒーを淹れたりコピーをとったりしている姿は想像しやすいが...

足がすくむ高さの断崖絶壁で動けなくなった男、決死の救出劇(動画)

HuffPost Japan | Mary Papenfuss | 投稿日 2017年04月26日

男性は足がすくむほどの高さまで登り、その後、恐怖で動けなくなったようだ。

「ペットショップで販売できるのは、保護された猫や犬だけ」サンフランシスコで、新条例が可決される

The Huffington Post | Nick Visser | 投稿日 2017年02月20日

「この条例がサンフランシスコだけではなく、カリフォルニア、アメリカ全土、そして世界中に広がって欲しい」

入国禁止令の差し止めを連邦高裁が支持、7カ国からの入国は当面継続 トランプ大統領は「法廷で会おう」

The Huffington Post | Cristian Farias | 投稿日 2017年02月09日

トランプ大統領「我が国の安全は危機に瀕している!」

コリン・キャパニック、NFLシーズン初先発でも国歌斉唱の起立拒否、アウェーでブーイング鳴り響く

The Huffington Post | Kazuhiko Kuze | 投稿日 2016年10月17日

「正直言うと、フットボールに専念したかった」

ポストカードのような、美しい景色が魅力のホテル10選

Tablet Hotels | 投稿日 2016年08月10日
Tablet Hotels

その土地らしい外の景色があってこそ、客室自体もひとつひとつがユニークになる。周りの景色を大切に取り込んだホテルを10軒ご紹介。

「世界一快適」と絶賛されたスニーカー、こんな履き心地は初めて

The Huffington Post | Michelle Persad | 投稿日 2016年06月22日

秘密は、意外な素材にあった。

日本人の知らないシリコンバレー:創業からフィランソロフィーに取り組むSalesforce

宮田拓弥 | 投稿日 2017年05月13日
宮田拓弥

興味深いのは「ボランティア」や「義援金」という一般的な支援に加えて、「テクノロジー」での支援を積極的に行っているということです。

魔法の絨毯に乗ったアラジン、サンフランシスコを飛ぶ(動画)

The Huffington Post | Ron Dicker | 投稿日 2016年03月29日

一体どうなっているの?

サンフランシスコの虹のトンネルが「ロビン・ウィリアムズ・トンネル」に

The Huffington Post | Dominique Mosbergen | 投稿日 2016年03月04日

通るたびに、ロビン・ウィリアムズを思い出せるトンネル。

アメリカに挑む 日本の若き起業家5傑

朝日新聞メディアラボ | 投稿日 2016年10月28日
朝日新聞メディアラボ

安倍晋三首相は今年4月、現地を訪れて「5年で200社の日本企業をシリコンバレーに送り込む」と宣言した。多くの日本人が「いざシリコンバレーへ」状態だ。

Googleで働いてるのにトラック生活。なんで?(意外な現実)

The Huffington Post | Kimberley Richards | 投稿日 2015年10月25日

サンフランシスコに暮らすGoogleのあるソフトウェアエンジニアが、家賃節約のためトラックで生活し注目を集めている。

同じアメリカの異なる雰囲気の街で気が付いた違いと共通点

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2016年09月28日
TRiPORT(トリポート)

アメリカの大学に進学した経験から、今回は当時生活したアメリカ国内の2つの地域で感じた「違い」について書きたいと思います。

慰安婦の記念碑、サンフランシスコ市議会が全会一致で設置を決議

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2015年09月23日

アメリカ・サンフランシスコ市議会は9月22日、慰安婦の記念碑や像を設置するよう求める決議案を全会一致で採択した。

ドローンはピザを配達するだけの代物じゃない

TechCrunch Japan | 投稿日 2015年09月22日
TechCrunch Japan

将来、ドローンはピザを配達するようになるだろう。今日、サンフランシスコで開催されたTechCrunch Disruptのステージで最も旨味のある指摘だ。

どれほど忙しくても、時間を作り出して、大好きなことを達成できる!

和田一郎 | 投稿日 2015年09月22日
和田一郎

世の中には、長い時間をかけてしか達成できないこともあるが、短い時間で達成できることもある。おなじことで、そのことを専業でしなければ達成できないこともあるが、副業もしくはサイドプロジェクト的に始めても達成できることがある。

夢を叶えるためにトランク一個で渡米したデザイナーが出会ったもの

My Eyes Tokyo | 投稿日 2016年07月02日
My Eyes Tokyo

アメリカ独立記念日を記念し「アメリカで人生が変わった人々」特集。サンフランシスコに拠点を置くプロダクト&グラフィックデザイナー、ルイス容子氏のインタビューです。

なぜサンフランシスコの公園では、犬を思い切り走らせることができるのか?

タビィコム | 投稿日 2015年06月26日
タビィコム

サンフランシスコの街を歩くと、驚くことがあります。お店の前に犬用の水が置いてある。犬の糞を取るためのビニールが街なかで配られている。野良猫がいない。そして何より、公園で犬達が走り回っている!

シックス・アパートが独断と偏見で選ぶ2015年の海外ITイベント24選

Six Apartブログ | 投稿日 2015年03月15日
Six Apartブログ

さて3年目になった、2015年版の「シックス・アパートの関が独断と偏見で選ぶ海外のITイベント」の記事をお届けします

テスラCEO イーロン・マスク氏が構想する超高速列車「ハイパーループ」とは? 10年で実現か

The Huffington Post | Alexander C. Kaufman | 投稿日 2014年12月20日

アメリカの宇宙開発企業「スペースX」の創設者で、電気自動車メーカー「テスラモーターズ」のCEOイーロン・マスク氏が夢見た超高速列車「ハイパーループ」が10年程度で実現するかもしれない。

サンフランシスコのボートハウスで出会った、「食事は"作る工程"から楽しむ」という暮らし方

KitchHike | 投稿日 2015年02月01日
KitchHike

ついに上陸したアメリカ大陸。アメリゴ・ヴェスプッチのごとく、今回はどんな食卓を訪ねることができるのでしょうか?

東京は、負けないぞ

中村伊知哉 | 投稿日 2014年11月29日
中村伊知哉

コートダジュールからプロヴァンスを経てリヨンに行く電車。サンテミリオンと一人旅。実にヒマです。機嫌よく車窓をみやっていると、思います。この海の紺と光に東京は勝てないなぁ。

話題沸騰の「ブルーボトルコーヒー」、日本進出の地になぜ清澄白河を選んだのか

しらべぇ | 投稿日 2014年11月23日
しらべぇ

ここ数年、「サードウェーブコーヒー」という言葉を耳にします。なにやら厳かな名前がついておりますが、要約すれば「もっとうまいコーヒーを飲もうじゃないか」という、シンプルで人間らしい現象だと言えます。さて、その「波」のはじまりは、サンフランシスコの小さなガレージに創られた、ひとつの小さなコーヒーショップでした。

この世を去る72時間前、母は愛する息子の結婚式で「ラストダンス」を踊った(動画)

The Huffington Post | Kelsey Borresen | 投稿日 2014年09月23日

末期の乳がんにかかっていたメリー・アン・マニングは、この世を去る3日前、息子ライアンの結婚式で最後の力を振り絞り、息子と「ラストダンス」を踊った。

おふくろの味を求めて世界一周

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2014年11月21日
TRiPORT(トリポート)

衣食住。この3つは日常生活の必需品であり、旅の根幹を担う大事な要素です。どんなに住みやすい気候でも、ごはんがマズいとなんとなく気分も盛り上がらない、そんな経験、ありませんか?