政治家

民進党総務部門会議にて若者の政治参加について提言してきました

室橋祐貴 | 投稿日 2017年05月21日
室橋祐貴

なぜ若者の政治参加が必要か。その理由は様々なところで語られていますが、端的に言えば...

18歳選挙権のいま。広瀬すずはどこに行った?

小幡和輝 | 投稿日 2017年05月17日
小幡和輝

前回の参議院選挙。全体の投票率は55%。18歳投票率は51%、19歳の投票率は42%、18,19歳を合わせた10代投票率は47%でした。

たった一度の唐突な発言が、すべてを台無しにする。

中妻じょうた | 投稿日 2017年04月23日
中妻じょうた

ここのところ、与野党問わず、唐突な発言が目につきます。

長島昭久議員民進党離党の衝撃

安倍宏行 | 投稿日 2017年04月11日
安倍宏行

今の政治状況を良しとしない一人の政治家がこうして党を割ったことで、様々な政治力学が働くだろう。

政治家のあいさつや紹介は1人で十分。学校式典は「子どもファースト」で

おときた駿 | 投稿日 2017年04月06日
おときた駿

ほんとうに子どもたちに向けた魂のメッセージを政治家・議員たちが発するようになれば、また評価も変わってくるのかもしれませんね。

「話題」になっても「社会」は変わらなかった。

小幡和輝 | 投稿日 2017年03月27日
小幡和輝

やれることは全部やったと思います。話題にもなったと思います。しかし...

囲碁から学ぶ

細野豪志 | 投稿日 2017年02月19日
細野豪志

打ち慣れてくると、囲碁に政治の要素が数多く含まれてくることが分かる。局地戦で勝っても、大局で後れを取ると大敗することがある。

年男など

石破茂 | 投稿日 2017年01月07日
石破茂

齢を重ねて還暦近くともなると、ああこの一年、無事に過ごせてよかったなとしみじみ思います。

現職都議だけど、小池百合子政経塾「希望の塾」都議選対策講座の筆記試験を受けてきた

おときた駿 | 投稿日 2017年01月07日
おときた駿

これまでの政党・政治団体の歴史の中で、民間企業であれば当たり前に行われる筆記試験というプロセスがなかったこと自体が異常だったのではないでしょうか。

政治家は、書を捨てよ。町へ出よう。

中妻じょうた | 投稿日 2017年01月02日
中妻じょうた

政治家の仕事とは、政策を立案することでは「ない」

舛添、鳥越、小池、朴槿恵...トランプだけじゃない、2016年話題の政治家(画像集)

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月30日

トランプ旋風以外にも、色々あった2016年でした。

市民と行政がキャッチボール  フューチャーセンターの確立へ

Patriots | 投稿日 2016年12月17日
Patriots

白内障になって失明のリスクが高くなった時に自分の人生は「このままでいいのかな?」と考えざるを得なくなった。

~議員ではなく、世の中を変える道~ 日本政策学校:卒業発表

日本政策学校 | 投稿日 2016年12月16日
日本政策学校

政治家以外の立場で、政治と関わって社会をよりよくしていくことを目指す受講生の発表です。

休眠預金法案成立!新たなセーフティネットの創造へ

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年12月04日
駒崎弘樹

政治家の人たちが熱心に、厳しい環境にいる人たち、子ども達のために動きたい、と思っていてくれることを、僕は知りませんでした。

「大統領・朴槿恵」と「女性・朴槿恵」は別だ

강남순 | 投稿日 2016年11月08日
강남순

もし、今の大統領が生物学的に男性だったら、女性である朴槿恵大統領に浴びせられる、筆舌に尽くしがたい女性卑下的な差別的表現が、今のようにSNSを埋め尽くすことはなかっただろう。

生活者目線でまちづくり―"分厚い市民社会"を目指して

Patriots | 投稿日 2016年11月04日
Patriots

つくば市は、仕事がないこと、子育てがしやすい環境にないことが若い人の流出に歯止めをかけられないでいます。

女性ならではの視点で政治への挑戦を ―自分にしかできないことを信じて

Patriots | 投稿日 2016年10月22日
Patriots

政治の世界に女性や若い人の挑戦が増えることを願っています。

パキスタン:人権侵害を行う警察の精査を

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2016年09月30日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

拘禁下の拷問方法には、警棒やlittars(革紐)での殴打、roola(金属棒)での開脚及び粉砕、性暴力、長時間の睡眠妨害、精神的拷問などがある。

有権者の声を政治に!政治家とのギャップを埋めるのが自分の使命

Patriots | 投稿日 2016年09月22日
Patriots

政治家のスキャンダルも日々報道されていますが、今の政治家がダメだから、じゃあ自分がなろう、というのはセンスが良くないと思います。

「世界一恐ろしい男」 プーチン大統領の写真を撮るということ【動画】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月20日

「世界一恐ろしい男」のプロフィール写真を撮るということがいったいどんなことを引き起こしたのか…

いま必要なのは政治の"徹底的なボトムアップ" ― 88万人のコミュニティデザインが社会を変える

Patriots | 投稿日 2016年09月09日
Patriots

政治家を目指す人の多くが「目立ちたい」だとか、「リーダーシップをふるって社会を引っ張っていきたい」と考えているのは残念なことです。

代表選出馬の決意

玉木雄一郎 | 投稿日 2016年09月02日
玉木雄一郎

自分の殻を破り、民進党の殻を破るために、皆さんと一緒になって、次世代の代表として、挑戦します。

政治に必要なのは人間学 最も重要なのは己に克つこと  自由民主党本部政務調査会審議役 田村重信

Patriots | 投稿日 2016年08月26日
Patriots

政界を目指す人に言いたいのは、なんのために政治家になりたいのかの明確なビジョンを持つこと、その実現のために政治家になるのだという意志を持つことです。

片山さつき議員の「子どもの貧困」報道批判は、政治家の恥さらし

渡辺由美子 | 投稿日 2016年08月21日
渡辺由美子

いったい、日本政府は、子どもたちがどれだけ貧困になれば、救済してくれるのだろうか?

マスメディアが政治家の「生殺与奪権」を握っていた時代からの、明確な変化と深化

おときた駿 | 投稿日 2016年08月19日
おときた駿

これまで権力を「批判し、監視する」一方の立場であった既存メディアは、もはや自分たちが批判と監視に晒される立場になったのです。