野党共闘

1分でわかる民進党代表選、前原氏・蓮舫氏の主張の違いは?

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月26日

2人の主張は、憲法改正と次期衆院選での野党共闘との2つの点で大きく異なっている。

【動画】「残された人生、何かしなければと思い」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る

The Huffington Post | Ran Nagasawa | 投稿日 2016年08月12日

突然の立候補を決めた舞台裏や、選挙運動、週刊誌報道、日本のリベラル勢力の現状までを語った。動画でも紹介する。

「戦後社会は落ちるところまで落ちた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

The Huffington Post | 泉谷由梨子、吉川慧、Ran Nagasawa | 投稿日 2016年08月12日

「日本の戦後社会はここまで落ちた」「デモをやる人より取り囲む警察官が多い」。現状への苛立ちをにじませながら取材に答えた。

「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

The Huffington Post | 泉谷由梨子、吉川慧、Ran Nagasawa | 投稿日 2016年08月12日

なぜ「準備ができていない」と認識しながら立候補したのか。なぜ週刊誌に報じられた女性問題で口を閉ざし、「ニコニコ生放送」などの候補者討論会に出演しなかったのか。

「日本の市民運動はもっと利口になれ」宇都宮健児氏、都知事選を振り返る

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年08月07日

市民運動のリベラル勢力が選挙に勝つためには、国民が求める課題に腰を据えて取り組むべきだと注文した。

鳥越俊太郎氏「『核武装ありうる』という人が都知事になっていいのか」小池氏を批判

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年07月31日

「非核都市宣言」や「憲法改正反対」を強く訴えたが、都政の論点としてはかみ合わなかった。

【都知事選】宇都宮健児氏、鳥越氏を支援せず 「女性の人権にかかわる問題」理由に

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年07月28日

17年ぶりに分裂選挙を戦う保守陣営同様、共闘するはずだった野党陣営の足並みも揃っていない。

参院選の総括―今こそ「万年野党」からの脱却を!

長島昭久 | 投稿日 2016年07月24日
長島昭久

国民が野党に期待してきたことは、政府批判を繰り返すことではなく、いつでも政権交代が可能な「政権準備政党」だったのではないでしょうか。

「たまごっち感覚」でいい〜参院選を終え、これから私たちがすべきこと〜

雨宮処凛 | 投稿日 2016年07月15日
雨宮処凛

「自分たちの声を届けてくれる議員」を支え続けること。そんな議員をたくさん作っていくこと。これは次の選挙を待たずに今すぐにできることだ。

【参院選2016】野党共闘、32選挙区で成立へ どうなる1人区の勝敗(図解)

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年05月23日

仮に前回参院選の得票数を今回の構図に当てはめて試算した場合、山形、栃木、山梨など7選挙区で与野党の当落が逆転する。

「共産党候補を推薦することはありません」野党の統一候補めぐる民進党議員のツイートに賛否【参院選】

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2016年05月21日

玉木雄一郎議員のツイートに「残念です」の声も。

「無党派層への恐怖」で同日選をあきらめた安倍首相

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年04月27日
新潮社フォーサイト

制度改正直後のこれほど不確定要素が多い時期に、政権の命運をかけた同日選に踏み切るのは、あまりにも冒険的すぎる。

衆議院選北海道5区補選から見えた、民進・共産連合への大いなる違和感

おときた駿 | 投稿日 2016年04月24日
おときた駿

ルビコン川を渡って遠いところに行ってしまったなあ...と、まあ非常に感慨深いものがありました(悪い意味で)。

衆院北海道5区補選、与野党幹部が続々詰めかけ「最後のお願い」

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年04月23日

夏の参院選の前哨戦として注目された選挙戦の選挙戦最終日。

野党の「共通政策」で政治は変わる

保坂展人 | 投稿日 2016年04月05日
保坂展人

参議院選挙のみで「政権交代」はできませんが、「国政の優先課題を入れ替える」ことは可能なのです。

共産党、参院選で1人区候補取り下げも 野党協力へ「思い切った対応する」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年02月19日

共産が提唱する安保法廃止を実現するための「国民連合政府」構想を事実上棚上げし、選挙協力をめざす。

野党共闘の鍵をにぎる日本共産党 その歴史を振り返る

室橋祐貴 | 投稿日 2017年02月02日
室橋祐貴

結党94年を迎える老舗政党の本気度が、今問われている。

志位和夫氏が小沢一郎氏に接近。水面下で会談を重ねる

朝日新聞デジタル | 星野典久 | 投稿日 2015年12月23日

「安倍一強政治」の流れを変えようと、野党が共闘に動き始めた。23日には安全保障関連法廃止を訴える市民団体が来夏の参院選に向け、熊本と石川で野党統一候補の擁立を発表。