BLOG

いつもいい香りがする女性は何をしているの? 8つの秘密、教えます

2017年03月24日 01時54分 JST

朝でも夜でも、一日中いい香りがする人たちがいる。

彼らの香りの秘密は、どの香水を選ぶかだけじゃなくて、いつ、どこにつけるかを知っていること。

戦略次第で、香りの強さや長続きする時間の長さは変わる。だから、香りの秘密を探ってみました。

(TWENTY20)

優先事項を考えて、香水を選ぶ

香水には、それぞれ特徴がある。シトラス系の香水は、香りがあまり長持ちしないけれど、スパイシーな香りや、サンダルウッドのような森林系の香りは、長持ちしやすい。香りを長続きさせたければ、森林系やスパイシー系の香りを選んだ方がいい。

香りのレイヤーをつくる

シャワージェル、ボディローション、ボディオイル……。香水には色々な形がある。幾つかの香りを重ねると、1日中続く香りのレイヤーがつくれる。

(TWENTY20)

つける場所はどこ?

香水を手首につける人は多いけれど、手首の他にも、お腹や胸、足首、耳の裏といった身体の温かい場所(そのほとんどが、わかりにくい場所にある)に振りかけるのがお勧め。身体の温かい部分は香りを際立たせるので、体全体から良い香りがする。

こすりこまない

手首に香水をつけた後、習慣でついこすりあわせたくなってしまうかもしれないけれど、できればそれは我慢! こすりこむとトップノート(香水をつけて最初の30分くらいの香り)を台無しにしてしまうし、ミドルノート(中核を担う香り)とベースノート(最も長く残る香り)が続く時間も短くなってしまう。

(TWENTY20)

つけるタイミングを知っている

香水をつけるベストなタイミングは、シャワーを浴びた直後の、肌がまだ湿っている時。肌の水分には、香りを閉じ込める効果がある。

それに、洋服にシミがついたりジュエリーが変色したりするのを避けられる。

肌の水分を保つ

香水をつける時は、事前に肌に水分を加えるようにしよう。肌は乾燥していると、香りを吸収してしまうので、香りが長続きしない。反対に肌が十分な水分を保っていると、香水は肌に残りやすくなり長続きする。

保管の仕方に気をつける

熱や湿度は、香水に入っている香りの分子を壊してしまう。だから香水はお風呂場じゃなくて、冷たくて乾燥した場所で保存しよう。

一日に何度かつけよう

肌は生きて呼吸をしているから、一度つけた香りは時間とともに消えてしまう。これまでに紹介した7つの戦略を使えば長持ちするけれど、それに加えて何度かつけるのが大事。

仕事の後にディナーに出かける時などは、トラベルサイズのローラータイプの小さな香水をバッグの中に潜ませておこう。

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼(画像集)▼

ユニークな形の香水ボトル


※画像集が表示されない場合は→こちら