BLOG

他人に健康被害を起こすのが「人権」と考える、不思議な国ニッポン

タバコ規制法案の素案が大幅に後退し、150平方メートル以下の飲食店には適用されないようです。

2017年11月22日 18時12分 JST | 更新 2017年11月22日 18時12分 JST

タバコ規制法案の素案が大幅に後退し、150平方メートル以下の飲食店には適用されないようです。案の定というべきですが、このままでオリンピックというのは国際的な常識では考えられないので、少なくとも東京でグローバルスタンダードのものが出来ることを願うばかりです。

この問題で驚くほどよく出てくるのが、「タバコを吸うのも人権だ」というような言葉(暴論)です。そしてそれに対するよくある反論は、「周りにタバコが苦手な人もいるから、その人たちのことを考えるべきだ」というものです。残念ながら、そのどちらもとんちんかんなものです。

日本では「人権」は「自分勝手なことをする」という風に勘違いしている方が多いように思います。本来人権というのは権力の横暴から市民を守るものですが、日本というムラ社会では「強いものが悪いことをするかも知れない」という発想はなく、目上に「忖度」することが美徳とされます。その中で「自分の権利ばかり主張する」輩は村八分になります。当然のことながらこれは日本の権力者にとって極めて都合のいい話なので、例えば自民党の改憲案の宣伝資料では現憲法で保障されている「人権」は「皆がワガママをして、社会の崩壊を許すもの」とされています。「人権が制限される可能性が」と懸念している弁護士や学者などが大勢いますが、可能性も何も、それが目的そのものなのです。

少し脱線しましたが、多くの方にとって「単なる自分勝手」と否定的に捉えられる「人権」を理由にタバコを正当化しようとするのは相当程度苦しいとしか言いようがありません。(念のために強調しますが、そもそも「タバコを吸う人権」などありません。)しかし、「人のことを考えるように」「周りが可哀想ではないか」という反論も的外れなものです。私はタバコが大嫌いですが、タバコを規制しようとするのは私のその不快感があるからでなく、受動禁煙で深刻な健康被害がありうることが科学的に証明されているからなのです。それはタバコの匂いや煙が気になる人でも気にならない人でも一緒で、主観的な「気持ち」とは何ら関係がありません。

実は、ヘイトスピーチ問題でも同じように人権問題が「気持ち」の問題にされ、矮小化されがちです。ヘイトスピーチをぶつけられて傷つく人が多いかも知れませんが、気にしない人もいるかも知れないし、「受けて立とうではないか」と思う人だって稀にいるかも知れません。それは他人には分かりようがないのですが、ヘイトスピーチを規制する必要があるのはその「気持ち」があるからでなく、ヘイトスピーチが社会全体で差別行動を正当化し、暴力に発展しうることを歴史が証明しているからなのです。主観的な「気持ち」の問題ではありません。

人権イコール「自分勝手」、それに対しては「人の気持ちを」。このような考え方でいると、市民を守る真の人権がいとも簡単に奪われてしまう結果になります。人権を軽々しく考えるのでなく、原点に戻るべきかと思います。