BLOG

中央省庁移転、SMAPなど

2016年01月25日 15時49分 JST | 更新 2017年01月24日 19時12分 JST

石破 茂 です。

平成27年度補正予算は20日の参議院本会議において可決・成立し、26年度予算の決算と28年度本予算の審議に入ります。甘利大臣の週刊誌報道で「政治とカネ」をめぐる議論が展開されることが予想されますが、甘利大臣ほどの練達の政治家ですから誠意ある対応をなさることと思っておりますし、国家財政と社会保障の持続可能性についてさらに深い審議がなされることを期待しております。

「予算についての充実した審議を尽くしたうえでの速やかな成立」と「政治とカネ等の問題の解明」を両立させることが国会の国民に対する責任なのであって、さればこそ国会には様々な組織が工夫されているのではないでしょうか。

地方創生については、中央省庁の移転について委員会でいくつかの議論がありました。新聞の論調にも微妙な変化が見られますが、消費者庁の危機管理機能は東京でなければ発揮できないのか、文化庁の行政は東京から京都に移ることによってどのような高度化が期待されるのか、是非そのような論点も取り上げて頂きたいものです。

軽井沢のバス事故は痛ましい限りですが、事故を起こしたバス会社が当局からいくつもの指摘を受けていたという情報は利用者に事前に伝わっていたのでしょうか。所管でない私にはよくわかりませんが、当局から指摘を受けていたという情報が伝わっていればそのバスには乗らなかったはずです。規制緩和を行うに当たっては適切な情報開示が消費者に対してなされなくてはなりません。かつて当選3回の時「規制緩和に関する特別委員長」を務めたことがあるのですが、その頃にもこのような議論があったことを思い出しました。

SMAPの解散について、3年前に「ビストロSMAP」に出演したこともあってか先週の記者会見で問われた際、「キャンディーズの解散に匹敵する大事件」「一人一人も優れたアーティストだが、五人が揃うことに何とも素敵な味があるので個人的にはこのまま存続してもらいたい」などと発言したところ、あちこちで取り上げられてしまいやや当惑致しました。まさに「社会現象」だったのですね。

公人やタレントにまつわる話のほとんどすべてがそうであるように、このような騒動の背景には様々な思惑、愛憎、利害打算があり、本当のことは当事者でなければ分からないのですから、あれこれ論評してみても仕方がありません。ファンの方々が「解散しなくて嬉しかった」と喜んでくだされば、それでよいのだと思います。

週末23日土曜日は今月唯一のオフなので、最近の論説や今国会提出予定法案などに目を通したいと思っております。24日日曜日は京都市長選挙告示日の応援街頭演説の後、2015年東洋経済「住みよさランキング」総合第2位、「快適度」4年連続第1位の愛知県長久手市・吉田一平市長との懇談、現場訪問と住民の方々との懇談、夕刻には愛知県三田会有志の方々との懇談会を予定しています。

「行政が何でもできたのは経済が右肩上がりの時代だけ」と喝破され、市民一人一人の自覚を促し、その活躍と生き甲斐の場を創出する長久手市の吉田市長の取り組みを拝見することをとても楽しみにしています。

寒さが続く週末となりそうです。お元気でお過ごしくださいませ。

(2016年1月22日「石破茂オフィシャルブログ」より転載)