BLOG

橋下徹氏は朝鮮半島の問題を、どう捉えるのだろうか

2013年06月05日 00時58分 JST | 更新 2013年08月04日 18時12分 JST

日本維新の会共同代表の橋下徹氏が、5月27日に東京の日本外国特派員協会で2時間半を超える記者会見をした。

そして冒頭で、「私の発言の一部が文脈から切り離され、断片のみが伝えられたことが今回の騒動のきっかけ」だと指摘した。

橋下氏が事前に発表した文書によれば、「女性の尊厳は、基本的人権において欠くべからざる要素であり、これについて私の本意とは正反対の受け止め方、すなわち女性蔑視である等の報道が続いたことは痛恨の極み」だということだ。

橋下氏が、マスメディアが、一部だけを文脈から切り離して断片のみ伝えたと怒っているのは、5月13日の次のような発言である。

「あれだけ銃弾が飛び交う中、精神的に高ぶっている猛者集団に休息を与えようとすると、慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる。とんでもない悪いことをやっていたと思うかもしれないが、日本だけでなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた」。

橋下氏のいいたい気持ちはわかる。日本軍の慰安婦を問題にし、非難しているのは主として韓国であり、橋下氏が27日に発表した文章でも、「戦場の性の問題は、旧日本軍だけが抱えた問題ではありません。第二次大戦中のアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、ドイツ軍、旧ソ連軍その他の軍においても、そして朝鮮戦争やベトナム戦争における韓国軍においても、この問題は存在しました」と強調している。

橋下氏としては、韓国だって戦場で慰安婦を存在させていたのに、なぜ日本だけを非難するのかといいたいのを、できるかぎり客観的に、そして冷静にいったつもりだったのであろう。

どの国の軍隊もが戦場では慰安婦的な女性を必要していたのは事実なのに、日本だけが悪かったかのように、日本人までが捉えていることが橋下氏は我慢できなくて、タブーを破り、勇気を持って事実を示したつもりだったのであろう。それをバカなマスコミが全く誤解して批判をしていると思ったのであろう。

だが、ほとんどの日本人はこのような事実があったことは知っているのである。ただ橋下氏のように「慰安婦制度が必要だ」とはいえなかった。慰安婦制度が女性の性を道具あつかいにしていて、とても「必要」だなどと堂々といえる代物ではない。しいていえば女性には申し訳ない必要悪の類だと思っているからである。

この思いは、韓国を含めたどの国の男性も同じであるに違いない。それを橋下氏的いい方をすると、まるで正当化しているかのように捉えられてしまう。だから、橋下発言に対する批判が氾濫したのである。

それともう一つ。なぜ韓国で、日本軍の慰安婦に対する非難が強いのか。なぜかこの点については、どの新聞もテレビも触れてはいない。そして韓国の日本軍の慰安婦問題を痛烈に非難する人々もこの点については触れていない。

少なからぬ朝鮮半島の女性たちが、朝鮮半島の業者を経てではあろうが、日本軍の慰安婦にさせられた。同様に慰安婦にさせられながら、フィリピンやインドネシアでは日本非難が高まらないのに、韓国では極端なまでに怒りが激しい。その理由を、だれもあえていわないが、わかっている。

それは明治の末期以来、朝鮮半島が日本の植民地にさせられて来たからである。橋下氏にいわせれば、そのことをいわないのが間違っているということになるのかもしれないが、理屈にすると問題が矮小化しすぎてしまう。だから言葉に出さないのである。橋下氏はこの問題をどう捉えるのだろうか。