ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

すくすくパラダイスぷらす Headshot

ドイツ人旦那が拒絶した日本の食習慣~夫はゲルマン人(27)

投稿日: 更新:
印刷

こんにちは、または初めまして、とりあえずビールと申します。

ゲルマン人の夫との生活などについて書いております。現在は日本に住んでおります。

我々がドイツ在住時にも日本食は作ってましたが、日本に越してきてからの方が圧倒的に多いです。ゲルマンさんの味覚や食べ方も以前と比べるとかなり日本人寄りになってきております。

それでも未だゲルマンさんが食べられないものもありまして、味や見た目、ニオイがダメというのが主な理由みたいです。

代表的なところだと納豆ですね。

しかし、精神的に無理!というモノもあるのです。

例えば茶碗蒸し。これはトラウマで食べられないとか。

むかーしむかし、ゲルマンさんが日本に来て間もない頃、みんなで鍋を頂いてるときに茶碗蒸しも共に登場しました。

ドイツ人が初めて見る茶碗蒸し。薄い黄色でプルプルしてる食べ物。謎だったんでしょうね。

2017-02-01-1485925952-394956-1.gif

そのルックスからプリンだと思い込んで、そのまま口に入れてしまい...あま~いと思いきやしょっぱい卵料理だったという。

このフェイントにやられたショックが忘れられず未だに茶碗蒸しは食べられません。

得体が知れなかったら同席した人に聞けばよかったのにね...

お次はしらす。

ドイツにいるとき無性にしらすが食べたくなったことがありました。でも無かったんですよードイツにしらす。

パートナーがドイツ北部出身の知人(日本人)曰く、ドイツも北の方は海があるので魚は多いけれど、それでもさすがにしらすは見かけたことがないとのことです。

ゲルマンさんには馴染みが無いので余計に受け入れがたいのかもしれませんね。物凄い毛嫌いします。

2017-02-01-1485925988-4576454-2.gif

豚ちゃんは一匹でたくさんの人が幸せになるのにしらすに関しては人間一人の、しかも一口でたくさんのしらすの命が落とされる。

それはアンフェアだと。むむむ。

食べ物、というか食べ方に関してアンフェアとかそういう発想は無かったです。ごめん、しらすたち...。

次男の離乳食に何度かしらすが登場しましたが、ゲルマンさんは物凄い形相でこちらを見てたし、しらすが同席と知るや否や即刻席を立つんです。

私が忙しかったので代わりに次男に食べさせるようお願いした時も、真顔で(少々キレ気味に)拒否されました。

どうやらしらすは未だにダメみたいです。

【とりあえずビールブログ「ゲルマン日和」】
マンガ版もあります!「ゲルマン日和」最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!