BLOG

【大寒の天気】北海道と小笠原諸島の気温差は40度

2015年01月19日 22時42分 JST | 更新 2015年01月19日 22時42分 JST

今日20日は大寒で一年で最も寒い頃。今朝、最も気温が下がった北海道陸別は氷点下22度3分。最も気温が高かった小笠原諸島父島は17度9分。同じ朝でも約40度の差。

2015-01-20-20150120tenki1_large.jpg
大寒の朝 日本列島で最低気温の差 約40度

今日(20日)は、二十四節気の「大寒」で、一年で最も寒い頃です。

午前7時までの最低気温は、

全国で最も低かったのは北海道の陸別で氷点下22度3分

全国で最も高かったのは小笠原諸島の父島で17度9分でした。

日本列島、同じ朝でもなんと約40度の差がありました。

■日中は北海道と東北、北陸で暦通りの寒さ


今日(20日)の予想最高気温

今日の最高気温は、北海道は軒並み0度以下の予想です。

昨日(19日)流氷が接岸した網走は氷点下3度と厳しい寒さ。

海が氷の陸地のようになるため、北海道のオホーツク海側ではこれからが最も冷え込みの厳しい季節になります。

体調管理を万全にしてお過ごし下さい。

東北と北陸も5度前後で、大寒らしい寒さでしょう。

一方、関東や東海、近畿から九州は10度以上の所が多く、平年よりやや高め

関東は冷たい北風がやや強めに吹きますが、

東海から西は穏やかで、日なたでは少し暖かく感じられそうです。

■日本海側、回復に向かうも北は雪が続く


今日(20日)の全国の天気

天気は北海道の日本海側とオホーツク海側、東北の日本海側は雪で、ふぶく所があるでしょう。

特に北海道の日本海側では、局地的に降り方が強まり、短い時間でドカ雪になる恐れがあります。

北陸や近畿北部、山陰の雪や雨は昼頃までにほぼやむでしょう。

午後を中心に所々で日が差す見込みです。

関東から九州にかけての太平洋側はおおむね晴れて、今日も空気がカラカラ。

暖房やたばこなど、火の消し忘れに十分にご注意下さい。

(2015年1月20日 9時13分)

【関連記事】

向笠 康二郎
気象予報士
昔から天気が好きで、
小学生、中学生の時は毎日天気予報を見ていました。

大学時代に気象予報士の資格を取得。

好きなことは
食べること、歌うこと、寝ること。
あと、ゲームです。

よろしくお願いします。