BLOG

「内閣」ってなに? 小学生にも伝わる3つのポイント

2014年09月02日 20時20分 JST | 更新 2014年11月05日 15時27分 JST

安倍晋三首相が3日、2012年12月の政権誕生から初めて、内閣のメンバーを入れ替える「内閣改造」を行います。流れるニュースを前に考えておいて損がないのが、そもそも「内閣」ってなに? ポイントを3つに絞ってまとめました。    

2014-09-02-shushokantei.jpeg

■ ポイント1 内閣ってどんな組織? 

国会の信用のもと、行政を担う

日本に内閣が誕生したのは1885年。ヨーロッパで政治の仕組みを学んだ伊藤博文首相によって組織されました。

各国にある内閣の多くは、日本のように国会と内閣がある「議院内閣制」のもとで置かれます。内閣が国会の信用のもとで仕事を任され(信任)、内閣も国会に連帯して責任を負います。18世紀にイギリスで生まれた仕組みです(1721年に成立した保守党のウォルポール内閣が先駆け)。

日本国憲法は国の権力を3つに分け、それぞれが独立し、チェックし合って国を治める「三権分立」の仕組みを取り入れています。法律をつくる「立法」は国会、法律にしたがい争いを解決する「司法」は裁判所が担当。内閣は「行政」を担います。

■ ポイント2 どんな仕事をしているの? 

省庁を束ねる国の司令塔

内閣が担う行政とは文字通り、「国の政治を行うこと」。ただし、「国会が定めた法律や予算にもとづく」という制限がつきます。

日本国憲法では、条約を結ぶ、予算の案をつくるといった仕事を具体的に定めています(憲法73条)。これ以外にも医療や教育の制度を整えたり、経済を立て直したりと、国の政治として取り組むべき課題は増える一方です(いわゆる「行政権の拡大」現象)。

実際に仕事をするのは省庁です。内閣は司令塔として省庁を監督し、命令を出します。そのために、内閣のメンバーは省庁のトップである大臣を務める場合がほとんどです。

■ ポイント3 メンバーはどうやって決める? 

首相が任命、過半数は国会議員

 内閣の顔は「内閣総理大臣(首相)」。議院内閣制のもと、国会議員の中から投票で選ばれます(憲法67条1項)。

 首相は内閣のメンバーとなる「国務大臣」を選びます。多くても18人まで、過半数は国会議員とすると決まっています(憲法68条1項、内閣法2条2項ならびに復興庁設置にともなう附則)。

 国務大臣はふだん、それぞれの持ち場で仕事をし、原則として毎週火曜と金曜に「閣議」という会議に参加します。重要な議題はここで、全員が意見を合わせて「閣議決定」し、内閣の考えを示します(内閣法第4条)。

 内閣のメンバーが代わるのは、衆議院から不信任をつきつけられて総辞職を選ぶ時(憲法69条)や、首相が国務大臣をクビにする時(罷免、憲法68条2項)です。この任免権を背景に国務大臣を選び直すのが「内閣改造」。顔ぶれを代えて国民の支持を得ることなどがねらいです。

※この記事は日刊「朝日小学生新聞」9月3日付に掲載しました。試し読みの申し込みはこちら

※ホームページはこちら