Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

田辺寿夫 Headshot

情けは人の為ならず

投稿日: 更新:
印刷

情けは人の為ならず。

このことわざを読んで、みなさんは、どんな解釈をしますか?

情けをかけることは、その人のためにならない。情けをかけても裏切られる。こっちが助けてもらいたいよ。

などと考えてしまっているんじゃないでしょうか?

「情けは人の為ならず」と検索してみると。

【読み】

  なさけはひとのためならず

【意味】

  情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりで
  なく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよという教
  え。

と書いてあります。

実は僕もずっと誤解していて、先日、ある講話の中で、このことわざの意味を知り、とても驚きました。

テレビや映画で、このことわざを何度も聞いてきましたが、正しい解釈で使われていないことも多かったんでしょうか?

完全に誤解しておりました。日本人として情けないことだと反省した次第です。

かけた情けはいつ返ってくるの?


人に情けをかけるのは、その人のためだけではなく、めぐりめぐって、いつかは自分に返ってくる。

素晴らしいとは思いますが、いつ返ってくるのか期待してしまいますよね。

この期待してしまうという損得感情が、この素敵なことわざの意味を誤解させたのかなぁと感じました。

誰かに情けをかけるというのは、困っている人を助けるということになると思います。

では、自分は困ったときに誰にも助けてもらったことは無いのか?

誰の助けも無く、人間は成長できないものです。

すでに、たくさんの人たちから情けを受けていま生きていられると感じることが、このことわざを知るはじめの一歩なのかもしれませんね。

そう思うことで、これまで関わった人たちや、いま一緒に居る人たちに感謝する気持ちが生まれてくると思うし、人に優しくしようと考えることができる気持ちの余裕も生まれてくるのかもしれません。

これまでの自分が、たくさんの人たちの助けを借りて、成長させてもらってきたんだ。

という感謝の気持ちを忘れずにいれば、困っている人を見かけたら、今度は自分が助ける側になろう。

という意思を持つことができるはずです。

そういう気持ちになったときは、不思議と見返りを求めようとしないものです。

東日本大震災で救援物資を受け取る映像を見て、諸外国の人たちは、日本人はモラルが高い、あんな大変な状態なのに、しっかりと並んで物資を受け取り、けが人や、動けない人を、みんなで協力し合って、助けている。

素晴らしいと絶賛されていたそうです。

大和魂は健在だったんですね。

情けは人の為ならず。


甘やかしても、その人のためにならないではなく、困っている人を見かけたら助けてあげよう。

いつか自分が助けてもらうときもある。

これまでも助けてもらってきた。助け合っていこう。

という精神になることなんですね。

(2016年04月05日「ボトルボイス」より転載)

オンライン カウンセリング/コーチング サービス ボトルボイスロゴ