BLOG

宇宙開発の常識を破壊するマツドサイエンティスト・野田篤司さんに会いに行こう

2014年04月14日 18時40分 JST | 更新 2014年06月18日 18時12分 JST

default

きたる6月14日土曜日、14時30分より、秋葉原の3331 Arts Chiyoda で開催される、マッドサイエンティストナイト4に出演します。

野田篤司さんというのは、一言でいって、現代の日本の宇宙開発の至宝の一人ってかんじ。すごいアイデアマンで、実現可能かつ、それまでの常識を打ち破ることを次々やっている人だ。

野田さんと初めて知り合ったのは2001年のこと。

当時は、人工衛星といえば何トンもある大型で、さらに大型化していくだろうというイメージしかなかった。

ところが、野田さんは、携帯電話サイズの超小型衛星が可能になるという。

それが面白くて、取材に行ったのがきっかけだった。

通信系などのハードウェア的な性能は、そのころすでに当時の人工衛星のものよりも携帯電話のほうが上だった。そうであればそのサイズの人工衛星もできるはずという、今から思えば当たり前のようなことが、当時、他には誰も思いつけていなかった。

その取材が縁で、2001年9月に発表された、『わが国の宇宙開発における次期フラッグシップミッションの提言 日本独自の有人宇宙船構想』、通称、ふじプロジェクトの検討にも参加させていただいた。

ふじプロのアイデアも凝り固まった常識を打ち破るものだった。

当時の、次期有人宇宙船といえば、スペースシャトルをより優れた形に作りかえる、有翼往還機と相場が決まっていた。しかし、その技術開発は困難を極め、ことごとく失敗して、30年以上研究開発してきて一向に成果が上がっていなかった。

しかし、アポロ宇宙船に詰まれて全体の3分の2ほどのスペースを占めていたコンピュータと同じ性能のプロセッサは、すでにファミコンサイズになっている。つまり、今の技術でアポロ宇宙船のようなカプセル型宇宙船を作り直せば、シャトルの延長のような夢物語ではない、現実的で低コストな宇宙船ができるはず。

専門家の誰もがカプセルなんて古くさいと,見向きもしなかった時に、コンピュータ技術の発展を考慮してリファインすれば、圧倒的に凄い物になるはずという発想も、野田さんならではのものだった。

このふじプロジェクト、日本ではほとんど相手にされなかったけど、スペースシャトル後のNASAのオリオン計画など、明らかにふじのパクリになっているんだよね。

さらに今やっているなつのロケット団では、これまた従来のロケットエンジンの常識ではそういう事はなかなか思いつけなかったアイデアで、いままでにないシンプルかつ低コストなロケットを作ろうとしている。

世間の人たちが、これまでの常識の部分最適化しかできないタコ壺に填っちゃっている時に、いち早く、そうでない領域を見つけ出すのが、野田さんのおもしろいところだ。

今回テーマの超低高度衛星は、オレも2007年だったかに知って取材しようとしたんだけど、いろいろ大人の事情で取材拒否されたという、それほど画期的な可能性を秘めた衛星なんだよね。

超低高度衛星のアイデアそのものは野田さんの発案ではないけれど、その実現可能性の検討では重要な役割を果たしている。

そんな野田さんと、SLATSの話題を中心にお話しできるイベントが実現して、オレ的にもホント楽しみ。きっと面白くなると思うよ。

興味のある人は、お誘いあわせて、是非、聴きに来てね( ・∀・ )

----------------------------

以下、申し込み方法など。

だれも通らない道をゆこう!

「マツド・サイエンティスト・ナイト4~飛行機? 宇宙機? 超低高度衛星のひみつ~」

現役の宇宙機エンジニアである野田篤司が、人と科学・技術との関わり合いについて語るイベントの第4回目です。今回は、JAXAにより数年後の打上げを目 標に開発中の、世界で一番低い高度で周回する人工衛星SLATS開発の実体験から、斬新な発想はどう生まれるか、そして、それを科学・技術でどう実現する か。その道を切り開く方法について語ります。

【出演】野田篤司(野田司令/マツドサイエンティスト 兼 宇宙機エンジニア)、鹿野司(サイエンスライター)、石川月美(女子高校生/サテライト・ガール)、小林伸光(イラストレーター)

日程:6月14日(土)

時間:Open 14:00 / Start 14:30~16:00過 ※途中休憩あり

場所:3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース

〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 03-6803-2441

http://www.3331.jp/access/

料金:前売¥1800当日¥2000 (全席自由)

※前売券発売4/5(土)より。

※当日券あり。開場時間、あるいはそれ以降に直接店頭へお越し下さい(途中入場可能)

※開場時の入場順はイープラスチケット、当日券。開場以降はご入場順となります。

イープラスご購入ページ(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

イープラスは、無料会員制のチケットオンラインサービスです。会員登録後、ご購入手続きが可能となります。公演詳細右にあります「次へ」ボタンをクリック後、支払・受取方法をお決めいただきご購入ください。クレジットカード決済、コンビニエンスストア(ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソン、サークルK・サンクス)決済などができます。

詳しくは、イープラスご利用ガイド

      イープラス支払方法詳細 

      イープラス受取方法詳細 http://eplus.jp/page/eplus/whats/receive.html