BLOG

環境分野で横浜市との連携協定を締結

2015年03月20日 18時04分 JST | 更新 2015年05月19日 18時12分 JST

2015-03-20-1426817212-603726-140819eos01.jpg

2015年3月19日、WWFジャパンは横浜市と環境分野において連携協定を締結しました。この協定は、温暖化対策や生物多様性の保全、循環型社会の構築等、環境分野での連携を強化し、持続可能な社会の構築を目指すことを目的としたものです。

地球環境の保全と持続可能な社会の構築を目指して

WWFジャパンでは、2014年3月にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の国際会議が横浜市で開催されたことを契機に、イベントでの連携や、 セミナーへの講師派遣など、環境に関する普及啓発について協力してきました。

そうした中、今回実現した環境分野での連携協定では、持続可能な社会の構築に向け、特に以下の4つの分野において協力を強化していくことにしています。

  1. 温暖化対策の推進
  2. 生物多様性の保全
  3. 循環型社会の構築
  4. 持続可能なライフスタイルの推進等

2015年3月28日には、「温暖化対策の推進」分野での具体的なアクションの第一弾として、消灯アクションを通じ「地球温暖化防止」などへの意思を表明する国際的な環境キャンペーン「アースアワー」のイベントが、横浜市で開催されます。

WWFジャパンが掲げる「地球1個分のくらしの実現」と、横浜市中期計画施策のひとつである「横浜らしいエコスタイルの実現と豊かな生物多様性の実現」とは、持続可能な社会の構築という目標を共有するものです。

WWFでは、地球規模の環境問題という重要かつ喫緊の課題の解決に向け、日本有数の大都市である横浜とともに協働していくことを目指してゆきます。

関連記事
環境分野で横浜市との連携協定を締結

2015-04-28-1430218364-9211717-about_local_heats_.jpg