BLOG

がん領域のビジネス検討、そして闘病は大きな転機を迎える

2016年12月19日 23時09分 JST | 更新 2016年12月19日 23時09分 JST

不定期でブログを投稿させていただきます、西口洋平と申します。

妻と小学生のこどもを持つ、一般的な37歳男性です。

「ステージ4のがん」であることを除いては。がんだと宣告されたときに、おぼえた孤独感。仲間がいない。家族のこと、仕事のこと、お金のこと・・・相談できる相手がいない。同じ境遇の人が周りにいない。ほんとにいなかった。

それなら自分で仲間を募るサービスをつくろうと、ネット上のピア(仲間)サポートサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」を、2016年4月に立ち上げました。

子どももいて、地元には親もいる。仕事やお金......心配は尽きません。そんな僕みたいな働き盛り世代で、がんと闘う人たちをサポートしたい。そんな思いから、抗がん剤による治療、副作用と付き合いながら、仕事と並行して、地道に活動を続けています。

2016-10-10-1476062086-8289603-B5ECA52382CF6DB2442E1BF8A81A2C48457BAA37CC4D82C20Cpimgpsh_fullsize_distr.jpg

キャンサーペアレンツのFacebookページで活動情報をアップしていきますので、「いいね」をお願いします。

■これまでのコラム

#1 「ステージ4のがん」と告知された日

#2 がん告知から2か月半、休んでも会社は回っていた。

#3 「がん」になって、何かしたいという気持ちが芽生えた

#4 ステージ4のがん患者が、がん患者のためのサービス作りに挑戦する

#5 エイプリルフール、「ステージ4のがん」をカミングアウトした

#6 入院中のベッド上で突きつけられた、がん患者向けサービスの次の課題

■取材記事

36歳の末期がん患者が、娘に残すために始めた「最後の仕事」

2016-10-10-1476062003-1116136-BBQ.JPG

***

「キャンサーペアレンツ」というサービスを続けていくには、事業として回していくことが必要になる。つまり、サービスを運営していくのに必要なお金をどのようにするのか?ということ。

パッと思いつきそうなものとして、「寄付金」がある。たしかに、寄付金を集めることは大事だし、まったく集まらないことはないと思う。でも、果たしてそれだけに任せてしまっていいのか? 寄付金がなければ運営できないとなれば、なんだかさみしい。

やはり、寄付金だけでなく、自らでお金を生み出していくことが必要なんだと、考えれば考えるほど、痛切に感じるようになる。

■ビジネスが生まれてこなかったのは、チャンス!

ここでまた大きな問題に直面する。

子どもをもつがん患者のためのサービス。こういったテーマと"ビジネス"という考え方が、どうしてもかみ合わない。イメージとして、「病気の人を捕まえて、君たちは金儲けしようとしているのか?」というお叱りを受けそうなフィールドであるからだ。

そんな方々の言い分として、がんになり、入院や手術、通院などの治療をすると、収入が減り、お金の面の心配はつきものだが、そんな人たちからお金を取るのか? ということ。必死でがんと向き合っている人を横目に、お金儲けのことを考えるなんて、おかしいのではないか? という意見もある。つまり、ビジネスモデルや、そのサービスの考え方がどうであれ、こういった雰囲気や空気が存在するのである。

それこそが、がんという領域でなかなかビジネスが生まれてこなかった背景のひとつかもしれない。だからこそ、チャンスなんだと。厳しい環境で、誰もやらないから、チャンスなんだと。大都市で新しく知事になった方が、青い服を着て「ブルーオーシャン」と言っていたが、まさにあれだ。

もちろん、うまくいかない可能性は高い。批判を受けることがあるかもしれない。でも、がん患者の方々に、このサービスがあって良かったと思ってもらえるのであれば、それで良いのではないか。もし、このサービスが、今後も運営され続けていくのであれば、それだけでカッコいいのではないか。それだけで、自分の子どもに胸を張れるのではないか。文句なんて好きなだけ言わせておけばいい。そんなふうに考えるようになった。

2016-12-19-1482154350-1079054-.JPG

頭を抱えて考えているときに、応援のために子どもに書いてもらった似顔絵

■がん患者の方が課金する仕組みは避けたい

では、どんなふうに事業展開できるのか。

もちろんがんになって初めて、この領域でのビジネスに関して調べるようになったので、自身はずぶの素人。そして、先にふれているように、事業を作ったこともないし、サービスを開発したこともない。まずは、いろいろな人に話を聞くところから始めた。

経営者、投資家、起業支援コンサルなど。彼らから提案されるのは、上述した寄付金と、クラウドファンディングなら、手っ取り早く集まるよということだ。そのテーマであれば、お金が集まるんじゃないかと。たしかにそうかもしれない。

そして、事業についてはどうか。一つは、ユーザー課金。がん患者の方からお金をもらえないか? これは、ぼくのポリシーとして、もらいたくない。ただでさえ、お金に困っているのに、藁にもすがる気持ちでこの場所に来てくれている人からお金はもらえない。

こういったコミュニティサービスのビジネスの王道は、広告ビジネス。ただしその場合には、会員数が多くなければ成立しない。成立しないというか、儲からない。そういった意味では、もともと「子どもを持つがん患者」という方を対象としているので、母数は多くはない。だからこそ、そういった方同士がつながれるから価値があるのであれば、そこに整合性がとれない。このビジネスも難しいのではないか。だいたいここまで考えたところで、次の考えが出てこなくなる。

■セカンドオピニオンへ臨んだものの......

そんな感じで、事業のアイデアを考えていたころ、週に1回通院している病院で、異変が起きる。

投与していた抗がん剤の一つに、アレルギー反応が出てしまったのだ。投与中に全身が真っ赤になり、かゆみが出て、急きょ中止に。

2016-12-19-1482154133-6985112-20161219222407.jpeg

抗がん剤の投与を始めて約1年。体が許容できる量を超えてしまったのだろう。それから、2種類の抗がん剤から、1種類へ変更。これを契機に、体も元気だし、これまでと違う治療法を模索するため、セカンドオピニオンを検討してみようと考える。

望みは手術をして、がん細胞を取り除くこと。主治医には快諾をいただき、いざセカンドオピニオンに臨んだものの、結果は厳しかった。

(つづく)

キャンサーペアレンツのFacebookページへの「いいね」をお願いします!