Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

安達裕哉 Headshot

「社員が挨拶しない」と嘆く社長に出会った。

投稿日: 更新:
印刷

ある会社に訪問した時、「社員が挨拶をきちんと出来なくて...」と嘆く経営者の方にお会いした。

「社会人として、最低限のマナーですよ」

とその経営者は言う。そういえば、前職において、「挨拶・マナー研修」というのは新人・若手向けに大変人気があった。

経営者は、「きちんと挨拶できるようにするために、どうすればいいですかね?」と私に聞いた。
私は、答を持っていなかった。

また、別のとある会社に訪問した。今度は常務が「挨拶しない人が増えている」と言う。

たしかに、私が常務と話している間に、何人かの人が出入りしていたが、特に皆挨拶はしていない。みな、PCの画面を熱心に見つめているようだ。

「最近は、あきらめ気味ですよ」

と、その常務は言う。「一度研修にいかせてみました。1週間位は皆挨拶してましたが、元に戻ってしまいましたね。」
私は同意するしかなかった。

「挨拶」は、本質的には機械の潤滑油と同じだ。

そんなもの無くても暫くは稼働することができるが、摩擦が徐々に機械を痛めるように、長期的には人間関係を痛める。

だから、アンケートが示すように、「ご近所付き合い」で最も大事なのは、何気ない挨拶だ。

「敵ではないですよ」というちょっとした意思表明が、挨拶の本質と言っても良い。それを考えると、やっぱり挨拶はできたほうが明らかに得をする。


しかし、どうして挨拶が定着しない会社が多いのだろうか。

私はある時、その原因を突き止めるため、「うちの社員は挨拶しない」という愚痴をこぼしていた何人かの経営者の会社にとどまり、一日の挨拶の状況を観察させていただいた。

すると、面白いことがわかった。


・「挨拶する人」は、だいたいいつも同じ。条件反射のようだ。

・「挨拶しない人」も、自分に向けられた挨拶とわかっていれば、挨拶を返す人がほとんど。特に挨拶が嫌いなわけではないようだ。

・「社員が挨拶しない」と嘆いている経営者や管理職自身が、挨拶していないことも多い。

・誰か1人でも、「積極的に挨拶する人」がいると、その周りには挨拶する人が多い。


私がここから思うのは、挨拶を定着させるためには

「模範が必要」

ということだ。挨拶を積極的に行う人は、基本的にオープンマインドの人が多い。そういう人の振る舞いを見て、徐々にまわりの挨拶が苦手な人も挨拶に抵抗がなくなっていく。

「挨拶・マナー研修」は、挨拶の型を教えてもらうことはできるが、「どのようなシーンで、どのような気持ちで、どんなやりかたで」挨拶をするべきか、ということについては教えられない。それは日常生活の中で積極的に試さなければ体得できない。

ゴルフのスイングの本をいくら読んでも、実際にスイングしてみないとうまくならないように、挨拶も実際にやらなければ上達しない。

しかし、「挨拶なし」で生きてきた人にとって、「間」や、「雰囲気」など、挨拶の条件をその「場」から読み取るのは極めて難しいことだ。

そう、挨拶することは「難しい」と認識するべきなのだ。


したがって、経営や管理職は「社員が挨拶しない」と嘆くのであれば、自分が模範とならなくてはならない。自分が挨拶における「間」や、「雰囲気」を読んで、どのように挨拶をするか、皆に示さなければならない。

社員を研修に行かせても効果はたかがしれている。そうではなく、あなたの模範によって社員を変えるのだ。嘆いているヒマはない。

・2013年10月10日 Books&Appsに加筆・修正
・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

他のサイトの関連記事

『近キョリ恋愛』大ヒット御礼舞台挨拶、開催決定!

安倍首相、中国の李首相と握手 挨拶交わす

キスは恋愛なのか挨拶なのか 安藤美姫「略奪愛」巡り憶測飛ぶ

『25 NIJYU-GO』舞台挨拶が新宿で開催! 2014/10/17 昼12:41配信