ニュース

「セラピードッグ」竜巻被害地に派遣された犬

2013年05月22日 23時18分 JST | 更新 2013年05月22日 23時18分 JST
Lutheran Church Charities via Razoo.com

シカゴ地域のセラピードッグたちは、コネティカット州ニュータウンで起きた小学校乱射事件のときも、ボストンで起きたテロ事件のときも、被害を受けた子供や大人たちを癒してきた。そして彼らはこのたび、竜巻で大きな被害が出たオクラホマ州ムーアに向かった。

Fox Chicagoの報道によれば、イリノイ州アディソンにあるルーテル教会慈善団体の「K-9 Comfort Ministry」は、竜巻被害が起こった翌日の5月21日(米国時間)、10匹のゴールデンレトリバーたちを12時間のドライブに送り出した。

セラピードッグたちをオクラホマに向けて送り出した、イリノイ州にあるルーテル教会慈善団体。出発前に祈る、スタッフやボランティアたち。(Facebookページより)

犬たちの旅行資金を募るRazoo.comのページによると、21日午後の段階で5100ドルの資金が集まったという。

オクラホマ州での滞在は短期的なものかもしれないが、そのあとも交流は可能だ。Foxの報道によれば、犬たちは1匹ずつ、名刺とFacebookページを持っているのだ。

[Joseph Erbentraut 日本語版:ガリレオ]

関連記事

Comfort Dogs Deployed To Newtown