NEWS

LINE スタンプ売上は月間10億円 昨年の3倍に

2013年08月21日 15時45分 JST | 更新 2013年08月21日 18時11分 JST
The Huffington Post

スマホ用の通話・通信アプリ「LINE」内でやりとりされるスタンプの売上が、2013年7月単月で10億円に達していることがわかった。8月21日に開催されている、同社主催のイベントで執行役員の舛田淳氏が明らかにした。

【LINE関連の記事】

2011年のリリース以来、LINEは全世界で2億3000万人、国内で4700万人が利用するスマホアプリ。自社キャラクターだけでなく、ドラえもんやハローキティなど人気キャラクターのスタンプを有料で販売しており、2012年8月単月の売上は3億円だった。

LINE事業全体の売上が第一四半期(4-6月期)で98億円だったことを考慮すると、全体の1/4から1/3程度がスタンプの売上で占めていたと見られる。

スマホ以前のガラケーで流行したデコレーションメール、通称デコメの市場は2009年で228億円。舛田氏は「現在のLINEスタンプは年間に換算すると120億円を超えます。LINEスタンプ単体で、この1年間でデコメ市場の半分以上の市場を作り出した」とスタンプ事業の好調ぶりに自信を見せている。

次の一手は「きせかえ」だ。

LINEは、アプリそのものの外観を変えられる「テーマ機能」を搭載しているが、今後はキャラクターのテーマも有料販売する方針だという。現在はテストとして、同社のキャラクター「ブラウン」と「コニー」が無料で提供されているが、合わせて800万ダウンロードを達成しているという。

line masuda

LINE執行役員の舛田淳氏

関連記事

LINE Friends In Tokyo 2013 写真集