ニュース

iPhone、パケ詰まり多いのはドコモ 少ないのはソフトバンク MMD研究所

2013年10月18日 19時58分 JST | 更新 2013年10月18日 19時58分 JST
Getty
PALO ALTO, CA - SEPTEMBER 20: The new Apple iPhone 5C is displayed at an Apple Store on September 20, 2013 in Palo Alto, California. Apple launched two new models of iPhone: the iPhone 5S, which is preceded by the iPhone 5, and a cheaper, paired down version, the iPhone 5C. The phones come with a new operating system. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

MMD研究所は15日、新型iPhoneを用いたNTTドコモ、au、ソフトバンク3社の比較テストの結果を発表。電波状況表示が良くても通信ができない、いわゆる「パケ詰まり」の確率を測定したところ、ドコモが13.4%、auが2.3%、ソフトバンクが1.0%となった。

テストは9月24日〜30日の5日間に渡って、新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋のホーム・改札付近の6駅12スポットで各100回ずつ、合計1200回を試行した。端末にはiPhone 5cを用いた。

その結果、ドコモが13.4%(161/1200回)、auが2.3%(28/1200回)、ソフトバンクが1.0%(12/1200回)になったという。また、Yahoo!のトップページが表示されるまでの時間計測でも、ドコモが10.61秒で最も遅く、auが6.28秒、ソフトバンクが5.11秒となった。

packet

docomo

9月20日発売されたiPhone 5c/5sはドコモ、au、ソフトバンクと大手3社すべてから販売されているため、どの通信会社を選ぶかのポイントになる「つながりやすさ」「快適さ」に注目が集まっている。

3社の通信環境の比較では、ブランド総合研究所も行っており、その結果もドコモがパケ詰まりが最も多く、ページの表示にも時間がかかっていた。

【iPhone関連の記事】

関連記事

iPhone 5s と iPhone 5c タッチ&トライ
iPhone 5s 写真集
iPhone 5c 画像集