ライフスタイル

車いすのフリースタイル選手アーロン・フォザリンガムさんは、重力を無視して宙返りする(動画)

2013年11月24日 00時47分 JST

アーロン・"ホイールズ"・フォザリンガムさんは、車いすでジャンプし着地に失敗してクラッシュしたとき、彼は自分自身に尋ねる。

「この車いすは生き物か」と。

21歳の車いすのモトクロス選手は、ユーモアのセンスが豊かだ。このことはビデオを見れば明らかだ。

ラスベガス出身のフォザリンガムさんは、ウェブサイトのプロフィールによると、二分脊椎症を持って生まれた。しかし、彼は病気を理由に、スピードを落とすようなことは決してしない。

フォザリンガムさんは、BMXフリースタイル競技に参加しており、アクションスポーツショーのニトロ・サーカス・ライブにも出演、スター選手の一人でもある。彼は、後方2回転宙返り(ダブルバックフリップ)でファンをワクワクさせるが、これはテレグラフによると、車いす選手のなかで彼が最初に成功させた技であるとのことだ。

「アーロンは自分の競技に情熱を持っているが、それは楽しいからというだけではない。車いすに乗っている人々に対する認識を変え、みんなが自分自身の行う挑戦に対して新しい見方ができるようにしたいと考えているのだ」と彼のウエブサイトで述べられている。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

6 Inspiring Olympians