ニュース

「原発の講演、やるよ」 小泉純一郎元首相が自民党に 執行部は警戒

2014年01月10日 00時27分 JST | 更新 2014年01月11日 02時27分 JST
Bloomberg via Getty Images
Junichiro Koizumi, former Japan prime minister, gestures as he speaks during a news conference at the Japan National Press Club in Tokyo, Japan, on Tuesday, Nov. 12, 2013. Prime Minister Shinzo Abe faces another prominent opponent to his plans to return to nuclear power after the Fukushima disaster, as Koizumi called for Japan to immediately abandon its reactors. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

政界を引退した小泉純一郎元首相が、原発についての講演を、依頼されればやるとの意向を自民党に伝えていたという。朝日新聞デジタルが報じている。

「原発即時ゼロ」を訴えている小泉純一郎元首相が昨年12月、自民党の石破茂幹事長に「党から要請があれば、原発政策について講演をしてもいい」と伝えていたことがわかった。原発政策で古巣を揺さぶろうとする小泉氏の存在に、党執行部は頭を悩ませている。



(朝日新聞デジタル『「原発の講演、やるよ」 小泉元首相、自民に売り込み』より 2014/01/10 05:00)

小泉元首相は2013年、「原発推進は無責任」として、脱原発への姿勢を明確にしていた。東京都知事選に立候補するとされている細川護煕元首相も脱原発を主張しており、小泉元首相との連携を模索。動向が注目されている。

細川氏は、原発の再稼働や海外輸出を進める安倍政権を批判している。立候補した際には「脱原発」を最大の争点にする意向だ。このため、同じく「脱原発」を掲げる小泉氏との連携を重視。小泉氏からの支援を受けられるかどうか慎重に見極めている。



(朝日新聞デジタル「細川元首相、都知事選候補に浮上 「脱原発」争点に」より 2014/01/09 05:12)

【小泉元首相関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

小泉元首相の軌跡
小泉進次郎氏 画像集