ニュース

プルシェンコ棄権、現役引退の意向 本番直前の練習で腰痛める【ソチオリンピック】

2014年02月14日 01時52分 JST
Robert Cianflone via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 13: Evgeny Plyushchenko of Russia withdraws from the competition after warming up due to injury during the Men's Figure Skating Short Program on day 6 of the Sochi 2014 Winter Olympics at the at Iceberg Skating Palace on February 13, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

ソチオリンピックはフィギュアスケート男子シングルのショートプログラムで、金メダル候補に挙げられていたエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が、本番直前の6分間練習でトリプルアクセルを跳んだ直後に腰を押さえ、演技を棄権した。プルシェンコは現役引退の意向を明らかにした。

プルシェンコは観客席に手を振って審判席に歩み寄り、棄権を告げた。場内に棄権が告げられると、プルシェンコは再び観客席に手を振り、胸に手を当ててリンクを後にした。

コーチのアレクセイ・ミシン氏によると、プルシェンコは前日(水曜日)の練習中に古傷の腰に痛みが再発し、スケートができない状態だったという。

NHKによるとプルシェンコは「きのうの練習から痛みを感じていたが、直前練習で3回転ジャンプを飛んだときに痛みが悪化した。オリンピックよりも体を選んだ。こういう形で自分のキャリアを終えるのは残念だが、神様が引退しろと言っているのだろう。今後はアイスショーに出たり、ビジネスをしたりしたい」などと話したという。

関連記事

ソチオリンピック・フィギュアスケート男子シングルショートプログラムハイライト