Huffpost Japan

「孤独」の早死リスクは「肥満」の2倍

投稿日: 更新:
LONELINESS
Alessia Pederzoli via Getty Images
印刷


社会から孤立した生活は、早死にのリスクを14%も高めるという研究成果が発表された。この数字は、肥満による早死リスクのおよそ2倍に相当するという。

この研究結果は、米イリノイ州シカゴで2月16日(現地時間)に行われたアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次総会で、シカゴ大学のジョン・カチオッポ教授が発表したものだ。「UChicagoNews」の記事でも紹介されている。

カチオッポ教授は、55歳以上の成人2000人を対象に、身体的・精神的な健康の衰え方を調査する長期研究を行ってきた。

同教授によると、孤独は、主観的な幸福感を全体的に低下させるだけでなく、睡眠を妨げたり、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を増加させて血圧を上げるなど、さまざまな有害な影響をもたらす危険性があるという(過剰なストレスでコルチゾールが多量に分泌されると、血圧や血糖レベルが上がり、免疫機能が低下し、記憶に関連した脳の海馬が萎縮する等がわかっている)。

英紙『Independent』に掲載された記事によると、カチオッポ教授は、退職後にこれまで自分を支えていた社会のネットワークから離れることで、孤立感が増大する可能性があると指摘している。「人々は退職というと、温暖な気候のフロリダ州で家を購入し、それまでの友人や家族から離れて、その地でずっと幸せに暮らしていく、というようなことを考える。だが、おそらくそれは得策ではないだろう」と、同教授は警告する。

では、孤独による早死にを防ぐためにどんなことができるだろうか? 友人や家族と過ごす時間を増やしてみよう。「本当に大事なことは、人間づきあいと、相互に支え合うことだ」と、カチオッポ教授は米紙『USA Today』の記事で述べている。「人生におけるストレスや困難は、信頼できる人と分かち合えば、より耐えやすくなるのだ」

[(English) 日本語版:丸山佳伸、合原弘子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ハフィントンポストの人気記事

Close
「長生きにつながる性格」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡