ニュース

防潮堤の整備 住民合意に向けて「最後の1カ所まで努力」 村井嘉浩宮城県知事

2014年02月26日 15時43分 JST | 更新 2014年02月26日 16時07分 JST
時事通信社

宮城県の村井嘉浩知事は2月25日、東日本大震災で被害を受けた同県内の防波堤復旧事業について「最後の1カ所まで努力する」と語った。MSN産経ニュースが報じた。

村井氏は「たくさんの防潮堤を整備しているが、住民合意に至っていないところは数カ所だ。最後の1カ所まで合意できるよう努力する」と語り、菅氏は「しっかりと汗をかいてほしい」と述べた。



(MSN産経ニュース「宮城県知事、防潮堤の住民合意「最後まで努力」 菅長官に説明」より 2014/02/25 20:25 20:24)

松井知事は、高さの問題で合意に至っていないのは、気仙沼市鮪立(しびたち)漁港を含め数カ所だけだと語っている。

鮪立に関して言うと、今回4メートルの津波が来たので、住民は5メートルの防潮堤を造ってくれと言っている。ところが、(実際は)4メートルの津波は防潮堤にぶつかり、7.5メートルまでせり上がる計算になる。住民の命を守るには1メートルの余裕を見て8.5メートルの高さが絶対に必要だ。税金で中途半端な防潮堤を造っては国民の理解を得られない。(住民との合意に向け)最後は鮪立まで行って、私の声を直接伝える。



(時事ドットコム「時事ドットコム:復興支援期間の延長を=村井嘉浩宮城県知事インタビュー」より 2014/02/25 16:41)

防潮堤の「あり方」をめぐっては、気仙沼市鮪立地区などで住民の間で議論が起こっていた。

12月には、気仙沼市の鮪立(しびたち)地区の自治体下部組織であるまちづくり委員会が、防波堤の高さを高さ約10メートルから、半分の5メートルにするように求める要望書を提出していた。

地区で県が計画する防潮堤は、高さ9・9メートル、長さ約540メートル、底辺の幅約60メートル。その上を2車線の道路が走る。自治会とまちづくり委は今月2日、防潮堤の高さを半分の5メートルとし、早期建設を求める要望書を村井嘉浩知事へ提出した。



「防潮堤が不要なわけではない。でも、小さな浜に高さ10メートルの高速道路のような防潮堤ができると、自然環境や景観、生活の利便性、漁港の利便性…。さまざまなものが損なわれる。これからも海と生きていく浜にとって逆効果になる」



(MSN産経ニュース「東日本大震災2年9カ月 高すぎる防潮堤、何を守るのか」より 2014/12/12 7:53)

また、塩竈市の無人島4島で計画している高さ約3メートルの防潮堤整備について、村井氏は24日の記者会見で、計画を見直す可能性を示唆している。

村井嘉浩知事は24日の記者会見で「農地を守るための防潮堤であり、農業をしないとなれば整備する理由はなくなる」と述べ、計画を見直す可能性を示唆した。



4島では、水田を保護する農地海岸整備事業として高さ3・1メートルの防潮堤が整備されたが、1980年代以降、耕作放棄されている。震災で防潮堤が0・5~2メートル沈下したとして、県が来年度に復旧する計画だが、被災者から「無駄な事業」と批判が相次いでいだ。



( MSN産経ニュース「防潮堤問題で宮城県知事「農業しなければ整備は不要」 見直し示唆」より 2014/02/24 14:52)

首相夫人の安倍昭恵さんは、被災地の人たちの希望に合わせて、防潮堤建設の見直すべきとの見解を示していた

【防波堤の関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

東日本大震災から2年後の被災地