miyagi

今回の台風は中心から離れた所でも雨や風が強まっているため、中心の進路だけにとらわれず、雨雲レーダーなどで最新の状況を確認してください。
2011年3月11日、番組のロケ中に被災したサンドウィッチマン。毎年、気仙沼から思いをつづってきた。
「節目なんて、ない」。震災から10年、取材を受け続けること約600件。その中で感じた3.11報道の“テンプレ化”。2年前に苦言を呈した宮城県女川町の老舗蒲鉾店の社長に改めて聞いた。
「こちらはだいじょうぶ」「家はもうない」「生きてればオーケー」「妹をたのむよ」...。宮城県東松島、仙台、神奈川、広島。離れ離れに暮らしていた家族をつないだ、8通の交信記録。
津波による壊滅的な被害を受け、車体撤去から始まった復旧作業。代行バスの運行、内陸への移設、原発事故の影響などを乗り越え9年ぶりに繋がった。
100年に1度の津波を防波堤で防ぐのではなく、全住民が迫る津波に「適応できる」街を目指して。
1995年に発生した阪神淡路大震災では、家屋の倒壊後、火災が発生し広範囲に被害が及びました。
これからの医師は一人で10個20個と仕事をするような時代になると考えている。
村井知事は、「これ(PR動画)もお客さんを呼び込む役割を果たした」と語ったが、対照的に反省を口にした壇蜜さん。
宮城県の観光PRとして壇蜜さんが出演し、ネット上で公開されている動画について、女性の県議会議員らが県に配信の中止を求める申し入れをした。
仙台市の奥山恵美子市長は「決して女性が見て心地よいというか素直に受け止められるところだけではないという印象を持ちました」と印象について語った。
唇のアップとともに「宮城、行っちゃう?」「肉汁トロットロ、牛のし・た」「え、おかわり?もう〜、欲しがりなんですから」など、性的なメタファーとも取れる表現が繰り返される。
「大切なのは続けられる防災。小さな工夫の積み重ねがいざというときに役に立つ」と、本の中でアベさんは「ミニマル防災」を提案している。
大規模な調査で裏付けられたのは本研究が初めてだという。