kanyoshiera

「専門家、また関係者の皆さんのご意見を伺った上で、最終的に私自身が判断をしたい」
「すべての国民のみなさんに安心してワクチンを接種していただけるよう、自治体と連携しながら全力で接種態勢をいま整えている」と現状を説明した。
ぶら下がり取材では、声を荒げて記者と受け答えする場面もあった。
今回は記者会見ではなく、官邸のエントランスホールで首相が記者団の質問を受ける方式を検討するという。
若狭勝弁護士は今回のケースについて「理屈上は贈収賄罪が成立する」と指摘する。だが検察が起訴するかどうかは別問題だ。
総務省でこのような問題が発生した背景について、コンプライアンスを徹底するための効果的な対策とこの問題が贈収賄等の刑事事件に発展する可能性について考えてみた。
「新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして...」
立憲民主党の枝野代表が「森会長にはやめていただく。その指導力を総理は発揮されるべきではありませんか」と問いただすと...
記者会見でワクチンについて「全量確保するということについては早かった」と説明するも、接種までの時間が「遅れていることは事実であります」と認めました。
緊急事態宣言の対象区域を11都府県に拡大するのに伴う記者会見。ビデオニュース・ドットコムの神保哲生さんが「人口あたりの病床数が世界一でも医療逼迫。医療法改正しないのか?」 と質問しました。