Huffpost Japan

4歳の女の子がお母さんと作った紙のドレスが「かわいい!」【画像】

投稿日: 更新:
印刷

By Ilana Wiles, Mommy Shorts

1643876

1年ほど前に、私はinstagramで@2sisters_angieをフォローし始めた。最初の頃、アンジーは、公園で遊んだり、朝ごはんを食べたり、ドレスアップしている娘の様子など、ごく普通の写真を投稿していた。

その9カ月後……アンジーの投稿する写真に変化が見られた。アンジーがメイヘムと呼ぶ4歳の娘は、他の子に比べて「おしゃれ」に興味があることがわかってきたのだ。メイヘムは、市販のプリンセスドレスをいやがるようになり、スカーフやシーツを使って自分らしい独創的なおしゃれを楽しむようになった。

ある日、おもちゃ箱にメイヘムの服を見つけるのに疲れたアンジーは……メイヘムに紙のドレスを作ってみることを提案してみた。そのアイデアを気に入ったメイヘムは、今も紙のドレスを作りつづけている。

それから私は、いつもアンジーの写真に驚かされてきた。彼女のドレスは、こんなふうに始まった……。

1643876

数ヶ月の間に、紙のドレスはこんなふうに洗練されていった。

1643876

私は、アンジーにいくつか聞きたいことがあった。それはつまり…

どのくらいアンジーが手伝っていて、どのくらいメイヘムが自分でやっているの?

「ふたりで50%ずつアイデアを出し合いますが、おそらくみなさんが想像しているよりも、メイヘムが自分でやっていると思うわ。このプロジェクトのいいところは、彼女が毎日新しいスキルを学んでいるのを見届けることです。服を作るときに、彼女は上から下までの洋服をつくるために何枚の紙がいるか分かっています。彼女は、必要な材料とテープを自分で用意することができます。もちろん、複雑なデザインのときは私も手伝いますが、テープを貼ったり、紙を裂いたりしていないときは、彼女はいつも私の横にいて何かを学ぼうとします」

1643876

彼女がひとりでつくったドレスは、どれ?

「下のドレスは、彼女が一人でつくりました。私は家にいなかったんですが、メイヘムは見せるのを待ちきれなくて写真を撮らせました」

1643876

すべてのドレスは、紙でできているの?

「多くの場合、私たちは紙で作っていますが、ティッシュペーパーやラッピングペーパー、包装バッグも使いますね。また、シルクのスカーフやチュール、アルミ箔も使ったことがあります。基本的に、家のなかにある材料を使います。接着剤には、透明なテープなどを使っています」

1643876

1643876

1643876

彼女は、何からインスピレーションを得ているの? メイヘムはファッションショーのランウェイや授賞式などは観ている?

「私たちは行ったところから、インスピレーションを引き出します。例えば、このサメのドレスは、メイヘムが初めて水族館に行ったことで誕生しました」

1643876

「彼女はまた、ミニーマウスなどのように……読んだ本や観た映画などから、たくさんのアイデアを得ています」

1643876

1643876

1643876

「授賞式の後は、Googleイメージでレッドカーペットを歩く女優たちのドレスを見て、作りたいドレスをピックアップすることもありますね」

1643876

1643876

1643876

1643876

これを始める前、あなたはデザイナーだったの?

「いいえ、違います。アイスキャンディーの棒やパイプクリーナーからドレスを作っている私に聞かないでください。あなたは失望するはずです。私たちがやっているのは、紙を切ったり貼ったりしているだけです。このプロジェクトで一番皮肉的なのは、あなたがこれまで会ったなかで、私が一番おしゃれじゃないことです。私は、ファッションについて何も知りません」

1643876

メイヘムにとって、このプロジェクトは生涯つづく関心事になると思いますか?

「最初のドレスを作った後、メイヘムは次の日には、新しいドレスを要求しました。その次の日も……。9ヵ月経ってもまだ彼女がドレスをつくりたいと思っていることに、私が一番驚いています。このプロジェクトが続くかどうかは分かりませんが、メイヘムが作りたいと思う限り、私たちはつくり続けようと思います」

1643876

English

ハフィントンポストの人気記事

Close
Babies Dressed Up As Adult Careers
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

人形3万体華やかに 徳島、ビッグひな祭り

【イベントレポート】℃-ute・中島早貴、報道陣の多さに「ドッキリかと思った」

高橋愛、あべこうじに「逆プロポーズ」(1)